Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubとVSCODEの連携方法

はじめに

初めまして!何度やっても時間が開くとついつい忘れてしまいがちな
GitHubとVSCODEの連携方法を自分用の備忘録として投稿。

〜未来の私へ〜
コマンドの前に記載されている$は抜いてからコマンドを動かすこと
いつも余分に$が入っているから怒られているよ・・・

開発環境

ツール名 バージョン
OS macOS Mojava 10.14.5
Git 2.20.1

GitHub 初期設定

以下のコマンドを打ち込む。
--globalと打ち込むことで、ユーザー情報を設定するから
一度打ち込めば再度設定する必要はない(らしい)

$ git config --global user.name "GitHubに登録しているユーザー名"
$ git config --global user.email GitHubに登録しているメールアドレス

リポジトリ作成

  1. GitHubにログインしてプロフィール写真横の「+」をクリック
  2. 「New repository」を選択

スクリーンショット 2019-07-06 22.07.24.png

3.「Reposiltory name」にリポジトリ名を入力
 
4. 自分で作るのはめんどくさいので READMEにチェックを入れる
  これにチェック入れるだけで、勝手にMarkdownのファイル作ってくれるからめちゃくちゃ助かる:raised_hands:
5. 最後に「Create repository」をクリックして作成

スクリーンショット 2019-07-06 22.55.37.png

これでリポジトリの作成完了!
そして、次の作業のために「Clone or download」をクリックしてリポジトリのURLをコピーしておく。
スクリーンショット 2019-07-06 22.59.47.png

リポジトリをローカルにクローン

(訳)ローカル(自分のパソコン)にリポジトリの中身をダウンロードすること
  一度自分のローカルにソースを落としてから作業をする
  ※この時、ターミナル上ではダウンロードしておきたいフォルダに移動しておくと◎:ok_woman:

$ git clone 先ほどコピーしたURL

開発してGitHubに追加

VSCODEを用いて開発💻

ソース管理画面を開くと変更箇所に色がついてる〜〜〜!!!
という感じに自分の変更した場所に色がつきます:ok_woman:

  1. ソース管理画面を開く
  2. 変更箇所を確認 change.png
  3. 変更したファイルの「+」をクリックしてステージングする
  4. コメントを入力して、「✔︎」をクリックしてコミットする
    commit.png
  5. 「・・・」をクリックしてメニューを開き、「プッシュ」を選択 スクリーンショット 2019-07-07 17.09.50.png
    以上の方法でGitHubに追加されます! 次は、既に作成済みのファイルをGitHubに追加する方法もアウトプットしたい:thinking:

参考サイト

先輩に教えてもらった後に、この記事書くのにお世話になりました!

最初のGitの構成
Markdownの記法

yu0313
社内SE¦個人的に勉強した内容や業務内で勉強したことの備忘録
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした