Edited at

http→https移行時のSEO視点チェックポイント

More than 1 year has passed since last update.


1.httpからhttpsに変える概念

http→httpsに変更する作業を、Googleでは「URLの変更を伴うサイト移転」と認識しています。


2.サーバ上の設定


1)301リダイレクト設定

移動時には、サーバ上で301 リダイレクトを使用してください。

その際、ユーザーは勿論、クローラーの転送設定も忘れずに。


2)httpsページがクロール、インデックス可能か確認する

今までhttpsページをブロックしていた場合、その要素の再点検を行う。

下記は点検対象になりやすい例です。


  • robots.txt

  • noindex、nofollow処理

  • クローラー(Googlebot)のアクセス制限

※クローラー導線設定の確認には、Fetch As Googleがおすすめです。


3)HSTSサポートの実装


HSTS は、自動的に HTTPS ページをリクエストするようにブラウザに指示する仕組みで、ユーザーがブラウザのアドレスバーに http を入力した場合でも HTTPS が使用されます


参照:HSTSをサポートする-Search Console ヘルプ


3.関連ファイルチェック

絶対パスで作成しているファイルをリストアップする。


リストアップされやすいファイル


  • sitemap.xml

  • 従来httpsで運用していたページ内リンク

  • 各ページ内canonical


canonical余談

SEO視点では、canonicalに頼らず遷移できる環境を整える事が理想です。

だがしかし。

そう上手くいかない事情がある場合が多いので、せめてcanonicalの設定を再確認致しましょう!

canonicalは絶対パスを使用をお忘れなく。


4.SearchConsole設定


1) ウェブサイトプロパティの追加

SearchConsoleでは、httpとhttpsのURLはそれぞれ別のサイトとして認識しています。

そのため、既存の登録がhttpだけの場合、httpsのURLの登録が必要です。


[1]所有権の確認

そのサイトまたはそのサイトの一部を所有していることを証明し、プロパティの追加を行います。

httpで所有権確認を行っている環境が、httpsでも同様に実施できるかの確認が必要です。


[2]複数のプロトコルに分かれている場合

ドメインが複数のプロトコルに分かれている場合、それぞれを別のサイトとして登録が必要です。

その後、使用するドメイン(www あり、または www なし)をSeearchConsole上で指定してください。


[3]サブドメイン等の登録確認

ドメインやプロトコルで他の形式に対応している場合

【例】

必ず正規ドメインを指定してください。


2) Search Console にアプリを追加する

Androiアプリを設定して、ウェブサイトと同様に Google のクロール対象にしてインデックスに登録されるようにすることができるため、httpsの方でも登録を実施します。


3)計測のためのプロパティ追加登録

細かい情報を見たい場合には、フォルダ単位で指定するとより多いデータが確認できます。


■サイト設定影響を確認する


設定前後URLチェック例

上記を両方登録する事により、httpからhttpsへのサイト認識が適切に移行されているかのチェックを行います。


重点チェック追加例

例1:クロール反映されにくいURLの状況確認

https://www.example.com/search

例2:アクセスの主要な情報がまとめられているURL監視

https://www.example.com/contents

例3:広告運用等に関わる箇所の監視

https://www.example.com/campaign


4)否認リンクリスト移行

リンク否認申請を行っている場合には、httpsで申請しているファイルをhttpsでも申請する事。

参照:【要注意】HTTPS移行後はSearch Consoleから否認ファイルの再アップロードが必要


5.サイト移転に伴う推奨事項


1)移転作業

移転作業は数回に分けて段階的に行う。

可能であれば、移転作業はトラフィックの少ない時間帯に行う。


2)心の準備

移転中、サイトのランキングが一時的に変動することを想定する


  • トラフィック量に一時的に影響することがあります

  • 順位の変動も見られます

httpsの移転は、ドメインの変更に近しい影響があります。

(そのため、心の準備が必要です)

良い方向に転がりますように。合掌。


参照

HTTPS でサイトを保護する

概要: URL の変更を伴わないサイト移転

HTTP から HTTPS への移行

サイト移転の概要ページ