Help us understand the problem. What is going on with this article?

LiveDataメモ

More than 1 year has passed since last update.

ライフサイクルを加味してくれて、データバインディングできるLiveDataについてメモ書き。

参考文献

https://developer.android.com/topic/libraries/architecture/livedata.html

LiveDataとは

observableなデータホルダー。ライフサイクルを加味してよしなに、observerへデータ送信したり、該当のactivityなどがdestroyされたときは、observerを自動でremoveしてくれる。

LiveDataの利点

  • データの状態をうけとり、UIに自動で反映できる
  • メモリリークしない
  • アクティビティがBackStaskにあるときには、データ通知されない
  • 自分で、ライフサイクル管理しなくていい
  • BackStackからアクティブになった瞬間、最新のデータを受け取れる
  • 画面回転などで、アクティビティを作り直した時も、最新のデータを受け取れる
  • シングルトンでラップすれば、いろんな場所からLiveDataを購読できる

LiveDataの使い方

  1. LiveDataインスタンスを作成する。(通常、ViewModel内で行われる)
  2. LiveDataの変更をうけとるonChanged()メソッドをもったObserverをつくる(通常、ActivityやFragmentにて)
  3. observe()メソッドで、ObserverとLiveDataを紐付ける。このとき、LifecycleOwnerを紐付けることで、ライフサイクル管理をよしなにできる。
  4. LiveDataインスタンスの値変更は、メインスレッド上ならsetValue()、バックグラウンドならpostValue()を使う

kotlin実装イメージ

ViewModel

val nameLiveData: MutableLiveData<String> = MutableLiveData()

fun onButtonClicke() {
     shopLiveData.value = "hello world"
}

Activity

nameLiveData.observe(this, Observer {
     binding.name.text = it
})

メモ

  • ObserverのonChanged()メソッドは、setValueした都度、データに変更があろうとなかろうと呼ばれる
  • DataBindingでLiveDataを購読したときは、元のデータとsetValueされたデータに違いがないと、呼ばれないぽい
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away