AWS
資格
AWS認定試験

1ヶ月でAWS 認定ソリューションアーキテクトに合格した話

More than 1 year has passed since last update.

昨年(2017年)の8月にAWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトに合格しました。

ほぼゼロからの勉強でしたが、要点を抑えれば短期間でも合格できたので、やったことを紹介します。


1. 前提知識

趣味で触ったことがあるもの。※どれも軽く触った程度


  • EC2

  • ELB

  • S3

  • Lambda (試験には出ない)

  • API Gateway (試験には出ない)


2. 対策内容


2-1. AWS Summit Tokyo 2017 セッション資料・動画

オススメ度: ★★★★★

一番オススメです。

「試験範囲の動画を見る → 実際にAWS上でやってみる」で大体雰囲気つかめました。

各サービスの「入門」だけで十分だと思います。

(話すペースがゆっくりなので、1.5倍速ぐらいで見ないと眠くなります。)


2-2. AWS Black Belt

オススメ度: ★★★★☆

安定の公式資料集です。

そこそこボリュームあるので、自分は理解の浅いサービスに絞って読みました。

(試験範囲の資料は一通り目を通した方が良いのかも?)


2-3. 参考書

オススメ度: ★★★☆☆

唯一の対策本なので、読んでおいて損はないと思います。

ただ情報量は少なめなので、概要をつかむ程度に使いました。

オススメ度: ★★☆☆☆

ハンズオン形式で進めるので、イメージがつきやすいです。

ただこちらも情報量としては足りてないので、合わせて他の対策も必要です。


2-4. AWS WEB問題集

オススメ度: ★★★☆☆

無料枠のみ解きました。

本番と似たような問題が出題されるので、そこそこ参考になります。

(何問かは本番とまったく同じ問題でした。運が良かっただけかも?)


3-5. それっぽい構成で作ってみる

オススメ度: ★★★★☆

ある程度理解が進んだら、サービスを複数組み合わせて何か作ってみるのがオススメです。

自分の場合は以下の構成で、Hello Worldをブラウザから表示する簡単なものを作りました。

 VPC + ELB + EC2 + AutoScaling + CloudWatch + Route53


3. 結果

正答率(模擬試験): 75%

正答率(実試験): 72%

試験当日は、そこそこ感触が良かったのですが、思ったより点数が伸びず^^;

何はともあれ、一発合格できて一安心でした。


4. 感想


  • 実際に手を動かすことが一番タメになりました。やってみないとわからないことがけっこうあります。

  • ある程度知識が付いた段階で、模擬試験を受けることがオススメです。雰囲気つかめます。

  • セキュリティグループとネットワークACLに関する問題が多く出題された気がします。

  • とにかく試験会場が暑かった。。。