Help us understand the problem. What is going on with this article?

modelの作成と削除、Railsで指定可能なデータ型

More than 1 year has passed since last update.

Railsのデータベースとのやりとりを担うmodel。その作成と削除方法、Railsで指定可能なデータ型についてまとめます。

1.modelの作成方法

ターミナルで次のコマンドを実行すると必要なファイルを自動的に作成することができます。

$ rails generate model モデル名 カラム名:データ型 カラム名:データ型 ・・・

データ型については、後述します。
以下のファイルがcreateされます。

  • app/models/モデル名.rb
  • db/migrate/yyyymmddhhmmss_create_モデル名.rb

この情報でデータベースを作成する(マイグレーション)には以下のコマンドを実行します。

$ rails db:migrate

2.modelの削除方法

手動で作成された2ファイルを削除することもできますが、作成したファイルをまとめて削除するには次のコマンドを実行します。

$ rails destroy model モデル名

これで先程generateで作成された2ファイルは削除されます。

3.Railsで指定可能なデータ型

カラムを作成するときのデータ型についてまとめました。

データ型 用途
binary バイナリデータ 画像、ファイルなど
boolean Boolean フラグ
date 日付 YYYY-MM-DD
datetime 日時 YYYY-MM-DD HH:MM:SS
decimal 固定小数点 1.000001
float 浮動小数点 1.00000234
integer 整数 1 , 10 ,9999
primary_key 主キー
string 文字列 255文字までの文字列
text 長い文字列 256文字以上の文字列
time 時間 HH:MM:SS
timestamp タイムスタンプ 1970-01-01 00:00:01 UTC
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした