Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon LightsailでLAMP環境の構築手順

案件でテスト環境を作る際に、AmazonのLightsailを利用して構築。

月額が安いのと、確認環境なので特にスペックもそれほど必要ないので、お手軽で良いかと思い導入。
ロードバランサーとかCDNとか特に必要ないので、今回はインスタンの立ち上げと固定IPの設定まで。

スクショは、すでに1つインスタンスがある状態で撮ったので、全くインスタンスが無い状態だと、ちょっと画面が違うけど基本的には同じ。

インスタンスの立ち上げ

ホーム画面の[インスタンスの作成]を選択

スクリーンショット 2018-11-21 12.18.32.png

インスタンスのイメージを選択。今回はLinuxのLAMP(PHP7)を選択

スクリーンショット 2018-11-21 12.19.05.png

もし、自前のSSHキーを利用したいのであれば、ヘッダーの[アカウント]から[SSHキー]のタブを選択して、事前にアップロードしておけば、このインスタンス作成の画面の[SSH キーペアの変更]で、アップロードしたSSHキーが使えるようになる。

プラン(スペック)を選択。とりあえず1ヵ月無料の一番低いスペックを選択し、インスタンス名を指定して[インスタンスの作成]を実行

スクリーンショット 2018-11-21 12.21.04.png
スクリーンショット 2018-11-21 12.21.14.png

しばらくするとインスタンスが立ち上がり、保留中から実行中の状態になればインスタンスの作成は完了

スクリーンショット 2018-11-21 12.21.35.png

固定IPの設定

[ネットワーク]のタブから[静的IPの作成]を選択

スクリーンショット 2018-11-21 12.22.47.png

インスタンスのアタッチで作成したインスタンスを選択し、名前を入力(変更)して[作成]を実行

スクリーンショット 2018-11-21 12.23.13.png

完了したら割り振られたIPでブラウザからアクセスし、Bitnamiのメニュー(?)が表示されたら完了

スクリーンショット 2018-11-21 12.23.53.png

あとはIPにDNSのAレコードを向ければサイトが表示される

アプリケーションパスワードの確認

MySqlのパスワードなどは、サーバーにSSHでログインして下記コマンド(ファイル)に記載されている

cat ~/bitnami_credentials

PHPMyAdminへのアクセス

自分はこういう接続をしたことがなかったけど、下記内容でSSHで接続している間だけみれる

ssh -N -L 8888:127.0.0.1:80 -i {鍵ファイル} bitnami@{サーバーのIPアドレス}

これで接続している状態で、 http://127.0.0.1:8888/phpmyadmin にアクセス
ユーザーは、rootでパスワードは、上記のファイルに記載してあるパスワードでログイン可能

Timezoneの設定

sudo dpkg-reconfigure tzdata

これで、Asia→Tokyoを選べばTimezoneが変更される


結構簡単に構築できたので、本当に開発用とかで使うには楽だなーといった感じだった。
これから、ちょっとずつ実務でAWSを増やしていきたい。。。


参考サイト

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away