LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

kube-prometheus-stackでPrometheusを構築する

Last updated at Posted at 2022-12-20

このエントリーは 3-shake Advent Calendar 2022 21日目の記事です。

株式会社スリーシェイクに入社して3ヶ月が経ちました。
今までアウトプット活動をあまりしてこなかったのでこれからはもっとアウトプットに力を入れられたらいいなと思い、Advent Calendarに参加しました。

はじめに

この記事はkube-prometheus-stackを利用してPrometheusやGrafanaなどをKubernetes環境に構築する方法について学んだ時の記録です。

kube-prometheus-stack とは

Prometheusは主にKubernetesクラスターで利用されている監視ツールですが、
kube-prometheus-stackを利用することでPrometheusやGrafanaなどの監視ツールをデプロイすることができます。

kube-prometheus-stackを試す

今回はhelmfileを利用してkube-prometheus-stackでのPrometheus構築を実施します。
以下のディレクトリ構成でhelmfile.yamlとvalues.yamlを用意します。
values.yamlは一旦空で作成します。

├── helmfile.yaml
└── values.yaml
helmfile.yaml
repositories:
  - name: prometheus-community
    url: https://prometheus-community.github.io/helm-charts

releases:
  - name: kube-prometheus-stack
    namespace: prometheus
    chart: prometheus-community/kube-prometheus-stack
    version: 43.1.1
    values:
      - values.yaml

以下のコマンドで上記のhelmfileをデプロイします。
注)初回のデプロイはprometheusのCRDがないので「helmfile apply」を実行するとマニフェストの差分を確認する段階でエラーになります。2回目以降はapplyでも問題ありません。

helmfile sync

コマンドが成功すればPodやサービスがデプロイされていることが確認できます。

$ kubectl get pod -n prometheus
NAME                                                       READY   STATUS    RESTARTS        AGE
alertmanager-kube-prometheus-stack-alertmanager-0          2/2     Running   1 (3m31s ago)   3m32s
kube-prometheus-stack-grafana-c478df4d6-twqfg              3/3     Running   0               3m36s
kube-prometheus-stack-kube-state-metrics-579bf68b5-5j2fm   1/1     Running   0               3m36s
kube-prometheus-stack-operator-64bc8bd9fd-t8d2f            1/1     Running   0               3m36s
kube-prometheus-stack-prometheus-node-exporter-g4blh       1/1     Running   0               3m36s
prometheus-kube-prometheus-stack-prometheus-0              2/2     Running   0               3m32s

$ kubectl get svc -n prometheus
NAME                                             TYPE        CLUSTER-IP      EXTERNAL-IP   PORT(S)                      
alertmanager-operated                            ClusterIP   None            <none>        9093/TCP,9094/TCP,9094/UDP   
kube-prometheus-stack-alertmanager               ClusterIP   172.20.62.13    <none>        9093/TCP                     
kube-prometheus-stack-grafana                    ClusterIP   172.20.4.11     <none>        80/TCP                       
kube-prometheus-stack-kube-state-metrics         ClusterIP   172.20.93.43    <none>        8080/TCP                     
kube-prometheus-stack-operator                   ClusterIP   172.20.35.52    <none>        443/TCP                      
kube-prometheus-stack-prometheus                 ClusterIP   172.20.158.23   <none>        9090/TCP                     
kube-prometheus-stack-prometheus-node-exporter   ClusterIP   172.20.75.247   <none>        9100/TCP                     
prometheus-operated                              ClusterIP   None            <none>        9090/TCP                     

デプロイが成功したら、PrometheusやGrafanaなどにポートフォワードでアクセスしてみます。

prometheus

kubectl port-forward svc/kube-prometheus-stack-prometheus -n prometheus 9090:9090

http://localhost:9090
でアクセス

スクリーンショット 2022-12-20 19.21.02.png

grafana

kubectl port-forward svc/kube-prometheus-stack-grafana  -n prometheus 3000:80

http://localhost:3000
でアクセス

username: admin
password: prom-operator

スクリーンショット 2022-12-20 19.22.11.png

alertmanager

kubectl port-forward svc/kube-prometheus-stack-alertmanager -n prometheus 9093:9093

http://localhost:9093
でアクセス

スクリーンショット 2022-12-20 19.23.33.png

kube-prometheus-stackの設定

values.yamlでkube-prometheus-stackの設定を管理し、カスタマイズすることができます。
以下のファイルが参考になります。

例えばPrometheusの監視ターゲットを追加したい場合はvalues.yamlに以下のように記載します。

values.yaml
prometheus:
  prometheusSpec:
    additionalScrapeConfigs: 
      - job_name: 'prometheus'
        static_configs:
          - targets: ['localhost:9090']

Prometheus→Status→Targetsで新たに作成した「prometheus」が存在することが確認できます。

スクリーンショット 2022-12-20 19.29.41.png

他にもアラートの設定やPrometheusやGrafanaのIngressの設定などvalues.yamlに記載することで設定を行うことができます。

まとめ

kube-prometheus-stackを利用することで、PrometheusやGrafanaなどを構築することができました。
機会があればkube-prometheus-stackを利用してPrometheusのいろいろな機能を試してみたいと思います。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1