search
LoginSignup
52

posted at

updated at

ImageMagick の画像 Crop

ImageMagick の画像抜き出しについてのうんちくです。

画像の特定領域の抜き出しは、主に -crop と -trim が使われます。条件によって -shave も便利です。

-crop

画像を抜き出す素直なオプションは -crop です。
-crop (切り取りサイズ)+(切り取り場所の左上)のように使います。

(width)x(height)+(x)+(y)

% identify -format "%wx%h" 4x4.png
200x200
% convert 4x4.png -crop 100x100+50+50  out.png
4x4.png -crop 100x100+50+50 out.png
4x4.png 4x4canvas.png out.png

-gravity

どの角から crop するかは -gravity 指定を使います。
真ん中(center)と、右下(southeast) を抜き出す例です。

% convert 4x4.png -gravity center -crop 100x100+0+0  center.png
% convert 4x4.png -gravity southeast -crop 100x100+0+0 southeast.png
4x4.png 4x4crop.png center.png southeast.png
4x4.png 4x4-crop.png center.png southeast.png

gravity と +x+y を併せると、gravity の場所を基準にして、そこからどれだけズラすかを制御できます。
例えば、右下隅の25x25だけ間をあけて抜き出すのはこれです。 -25 でなく +25 である事に注意です。

% convert 4x4.png -gravity southeast -crop 100x100+25+25 southeast.png
4x4.png -gravity southeast -crop 100x100+25+25 out.png
4x4.png southeast.png out.png

少し厄介ですが、gravity で east や south に寄せた場合は。ずらすx,y方向に対して +- が逆になります。
端っこをどの位空けるかの指示だと思うと合理的です。

Gravityの詳細はこちらをご参照ください。

+0+0 なし

開始位置無しでサイズだけ指定すると、タイル上に分解されます。

% convert 4x4.png -crop 50%x50% out.png
-crop 50%x50% out-0.png out-1.png - out-2.png out-3.png
4x4-crop.png out-0.png out-1.png out-2.png out-3.png

out-%d.gif を指定すれば、out-0.gif, out-1.gif, out-2.gif, out-3.gif が生成されます。

実はこのままだと少しまずい問題が残っています。

crop 使用上の注意

例えば、タイル状に分解されたPNGファイルを元に GIF アニメーションを作るとおそらく意図した結果にならないでしょう。

% convert -delay 100 out-[0123].png out.gif
out.gif
out.gif

先ほど生成した PNG ファイルの中身を identify で確認してみましょう。

% identify out-[0123].png
out-0.png PNG 100x100 200x200+0+0 8-bit sRGB 5c 354B 0.000u 0:00.000
out-1.png PNG 100x100 200x200+100+0 8-bit sRGB 5c 354B 0.000u 0:00.000
out-2.png PNG 100x100 200x200+0+100 8-bit sRGB 5c 354B 0.000u 0:00.000
out-3.png PNG 100x100 200x200+100+100 8-bit sRGB 5c 354B 0.000u 0:00.000

PNG や GIF は画像のサイズと別に、キャンバス(もしくはスクリーン)と呼ばれる表示領域としてのサイズ情報を持ちます。

out-0.png out-1.png out-2.png out-3.png
out-0.png out-1.png out-2.png out-3.png

ImageMagick ではレイヤー機能として存在していて、GIF アニメーションのコマを処理する時に便利です。
それ以外だと面倒なだけなので、とりあえずレイヤーを潰すと良いでしょう。

既に crop した画像のキャンバスと画像のサイズを一致させるには、+repage を使って下さい。

% mogrify +repage out-[0123].png
% identify out-?.png
out-0.png PNG 100x100 100x100+0+0 8-bit sRGB 5c 326B 0.000u 0:00.000
out-1.png PNG 100x100 100x100+0+0 8-bit sRGB 5c 326B 0.000u 0:00.000
out-2.png PNG 100x100 100x100+0+0 8-bit sRGB 5c 326B 0.000u 0:00.000
out-3.png PNG 100x100 100x100+0+0 8-bit sRGB 5c 326B 0.000u 0:00.000
% convert -delay 100 out-?.png out.gif

こうするとおそらく意図通りの PNG 画像と GIF アニメーションになるはずです。
なお、JPEG のようにキャンバスの概念を持たない画像フォーマットだと、勝手に +repage 相当の処理がなされます。

out.gif
out.gif

+0+0!

実は +repage を使わない方法もありまして。+0+0! のように ! を後ろにつけると、-crop では +repage 相当の動作をします。

% convert 4x4.png -gravity center -crop 100x100+0+0  center.png
% identify center.png
center.png PNG 100x100 200x200+50+50 8-bit sRGB 5c 354B 0.000u 0:00.000
% convert 4x4.png -gravity center -crop 100x100+0+0!  center.png
% identify center.png
center.png PNG 100x100 100x100+0+0 8-bit sRGB 5c 326B 0.000u 0:00.000

ただし、例えば、-resize の ! はアスペクト比固定をやめる目印で全然違う意味で、この手の多義的な指定記号を使うのはあまりお勧めできません。文字数の節約を迫られた場合とかにどうぞ。

-flatten

あと、キャンバス内の位置も大事で残して表示に反映させたい。という場合は -flatten が使えます。

% convert 4x4.png -gravity center -crop 100x100+0+0  center.png
% convert center.png -background transparent -flatten center2.png
% convert center.png -background blue -flatten center3.png
center.png center2.png center3.png
center.png center2.png center3.png

-shave

-gravity center 指定の -crop と処理的にほぼ同じで、-shave を使うと周囲から何ピクセル削りたい。という指定ができます。-border や -frame の逆の機能です。

% convert 4x4.png -shave 50x50 out.png
4x4.png out.png
4x4.png out.png

こっちはキャンバスも作り直してくれるので、+repage 無しで大丈夫です。

% identify out.png
out.png PNG 100x100 100x100+0+0 8-bit sRGB 5c 326B 0.000u 0:00.009

-trim

いい感じに抜き出す auto crop operator として -trim があります。
画像の上下左右の4辺から変化のない領域を削ります。文字通りのトリミングです。

% convert -size 64x64 xc:red \
          -size 32x32 xc:violet -gravity center -composite test1.png
% convert -size 32x64 xc:red xc:yellow +append \
          -size 32x32 xc:violet -gravity center -composite test2.png
% convert -size 32x32 xc:red xc:yellow +append -size 64x32 xc:blue -append \
          -size 32x32 xc:violet -gravity center -composite test3.png
% convert -size 32x32 xc:red xc:yellow +append \
                   \( xc:blue xc:green1 +append \) -append \
                      xc:violet -gravity center -composite test4.png
% mogrify -trim test[1234].png
test1.png test2.png test3.png test4.png
trim前 test1.png test2.png test3.png test4.png
trim後 test1.png test2.png test3.png test4.png
% convert -trim 4x4m.png out.png
4x4m.png out.png
4x4m.png out.png

これも元のキャンバスが残っていて、問題があります。

% identify out.png
out.png PNG 100x100 200x200+50+50 8-bit sRGB 5c 354B 0.000u 0:00.000
out.png
out.png

こちらも +repage を使うと混乱しなくて良いかもしれません。

% identify out.png
out.png PNG 100x100 200x200+50+50 8-bit sRGB 5c 354B 0.000u 0:00.000
% mogrify +repage out.png
% identify out.png
out.png PNG 100x100 100x100+0+0 8-bit sRGB 5c 326B 0.000u 0:00.000

このキャンバス上のレイヤー機能は、GIF アニメーションのコマを処理する時に便利ですが、それは別のエントリで解説します。

trim アルゴリズム

いい感じ、だと説明になっていないので、具体的な処理についてです。

  • 一番左上のピクセルの色を基準にして
    • 画像の左の列から色が一致したら狭める
    • 画像の上の行から色が一致したら狭める
test01.png test01.png test01.png test01.png test02.png
test02.png test02.png test02.png test02.png test01.png
  • 一番右上のピクセルを基準にして
    • 画像の右の列から色が一致したら狭める
test03.png test03.png test03.png test03.png test03.png
  • 一番左下のピクセルを基準にして
    • 画像の下の行から色が一致したら狭める
test04.png test04.png test04.png test04.png test04.png

ImageMagick の実際のコード

-trim は TrimImage 関数が対応します。
どこまでトリミングするかは GetImageBoundingBox 、その情報を元に画像を切り出すのが CropImage です。

  • magick/transform.c: TrimImage

  • トリミングの基準とする色を3隅から取り出す。

magick/transform.c
SetMagickPixelPacket(image,p,GetCacheViewVirtualIndexQueue(image_view),
    &target[0]);
  GetMagickPixelPacket(image,&target[1]);
  p=GetCacheViewVirtualPixels(image_view,(ssize_t) image->columns-1,0,1,1,
    exception);
  if (p != (const PixelPacket *) NULL)
    SetMagickPixelPacket(image,p,GetCacheViewVirtualIndexQueue(image_view),
      &target[1]);
  GetMagickPixelPacket(image,&target[2]);
  p=GetCacheViewVirtualPixels(image_view,0,(ssize_t) image->rows-1,1,1,
    exception);
  if (p != (const PixelPacket *) NULL)
    SetMagickPixelPacket(image,p,GetCacheViewVirtualIndexQueue(image_view),
      &target[2]);
  status=MagickTrue;
  GetMagickPixelPacket(image,&zero);
  • 色が違うところまで境界を狭める。
magick/transform.c
    pixel=zero;
    for (x=0; x < (ssize_t) image->columns; x++)
    {
      SetMagickPixelPacket(image,p,indexes+x,&pixel);
      if ((x < bounding_box.x) &&
          (IsMagickColorSimilar(&pixel,&target[0]) == MagickFalse))
        bounding_box.x=x;
      if ((x > (ssize_t) bounding_box.width) &&
          (IsMagickColorSimilar(&pixel,&target[1]) == MagickFalse))
        bounding_box.width=(size_t) x;
      if ((y < bounding_box.y) &&
          (IsMagickColorSimilar(&pixel,&target[0]) == MagickFalse))
        bounding_box.y=y;
      if ((y > (ssize_t) bounding_box.height) &&
          (IsMagickColorSimilar(&pixel,&target[2]) == MagickFalse))
        bounding_box.height=(size_t) y;
      p++;
    }

RGB 値が多少ずれても一致とみなせるよう -fuzz 指定したパラメータで Similar 関数で色を比較します。

  • magick/color.c IsMagickColorSimilar
magick/color.c
  if ((p->matte != MagickFalse) || (q->matte != MagickFalse))
    {
      /*
        Transparencies are involved - set alpha distance.
      */
      pixel=(p->matte != MagickFalse ? GetPixelOpacity(p) : OpaqueOpacity)-
        (q->matte != MagickFalse ? q->opacity : OpaqueOpacity);
      distance=pixel*pixel;
      if (distance > fuzz)
        return(MagickFalse);
      /*
        Generate a alpha scaling factor to generate a 4D cone on colorspace.
        Note that if one color is transparent, distance has no color component
      */
      if (p->matte != MagickFalse)
        scale=(QuantumScale*GetPixelAlpha(p));
      if (q->matte != MagickFalse)
        scale*=(QuantumScale*GetPixelAlpha(q));
      if (scale <= MagickEpsilon)
        return(MagickTrue);
    }

参考 URL

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
52