Help us understand the problem. What is going on with this article?

【micro:bit 2019】micro:bit でスマホ画面のタッチ操作(28記事目)

この記事は 12/30 に執筆して、後から 「micro:bit Advent Calendar 2019 - Qiita」の 17日目 へと登録した記事です。

今年のアドベントカレンダー用に書いた記事の 28記事目で、micro:bit Advent Calendar に登録した記事としては 9記事目になります。

はじめに

買っていたけれど眠らせてしまっていた、というものの 1つ。
マイコンボードでスマホ画面上のタッチ操作ができるものです。

●リード線付リレータッチボード(ドライバ有り) - スイッチサイエンス
 https://www.switch-science.com/catalog/3930/

この製品に関する下記のツイートを、以前、タイムラインで見かけたのを思い出し、試してみました。

試した内容

物理的な構成

接続は以下のとおりです。

  • リレータッチボードの「5V」 --- micro:bit の「端子 3V」
  • リレータッチボードの「GND」 --- micro:bit の「端子 GND」
  • リレータッチボードの「EN」 --- micro:bit の「端子 P0」

ENBLPsJUUAAaRpD.jpeg

そして、このリレータッチボードを輪ゴムでスマホ(Pixel 3)に固定し、まずはシングルタップを試しました。
(リレータッチボードの「EN端子を HIGH/LOW」にすると、「リレーが ON/OFF = 画面に触れた状態/触れていない状態」となる仕様です)

プログラムの詳細

プログラムは色々とお試しをした後、最終的に以下にしました。
micro:bit のボタンを押すと、特定のタップ操作 3種が行われる形です。

  • Aボタン押下 ⇒ シングルタップ
  • Bボタン押下 ⇒ ダブルタップ
  • A+Bボタン押下 ⇒ ロングタップ

Microsoft_MakeCode_for_micro_bit_touch.jpg

実際の挙動

最終的に、以下の挙動で動作確認ができました。

  • ロングタップ ⇒ ホーム画面のアプリアイコンの長押しメニューの呼び出し
  • シングルタップ ⇒ ホーム画面からのアプリ起動
  • ダブルタップ ⇒ 地図アプリでの拡大操作

おわりに

micro:bit に限らず、電源供給をしつつデジタル出力の ON/OFF の制御ができれば利用可能なものなので、他のデバイスでの利用など使いどころがいろいろありそうです。

youtoy
業務の研究開発では「UI/UX、画像処理・映像伝送」といった分野のことをやってきました。 Qiitaの記事で書いていることは、主にプライベートでのコミュニティ活動で関わっている内容になります。
http://yo-to.hatenablog.com/
kddi
KDDIは、通信を中心に周辺ビジネスを拡大する「通信とライフデザインの融合」をより一層推進し、国内はもとよりグローバルにおいても、5G/IoT時代における新たな価値創造を実現し、お客さまの期待を超える新たな体験価値の提供を追求してまいります。
http://www.kddi.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした