WordPressをComposerで場所を指定しながらインストールする

はじめに

WordPressの案件で本体のインストールをどうしようかな、ということが多くて、最近はComposerでインストールしています。

利点としては

  1. コアファイルをGitなどのリポジトリで持たなくても、後から拾ってくればいいやとなる
  2. おかげでCIしたり後からリポジトリ拾い出しても便利
  3. Dockerとも相性がいい
  4. PhpStromで補完用のディレクトリに指定できる

といったことがあります。

コマンド

composer config extra.wordpress-install-dir public/wp
composer require johnpbloch/wordpress

Screen Shot 2018-04-16 at 14.56.09.png

ファイルベース

composer.json
{
    "require": {
        "php": ">=5.4",
        "johnpbloch/wordpress": "4.9.2"
    },
    "extra": {
        "wordpress-install-dir": "public/wp"
    },
}
$ compser update

gitignore

リポジトリ直下においても良いのですが.gitignoreが肥大化しやすいため、WordPress用に分けています。

public/wp/.gitignore
/*
wp-includes/
wp-admin/
# !wp-content/
!.gitignore

### https://raw.github.com/github/gitignore/5d896f6791c4257b74696714c66b2530b8d95a51/WordPress.gitignore

*.log
wp-config.php
wp-content/advanced-cache.php
wp-content/backup-db/
wp-content/backups/
wp-content/blogs.dir/
wp-content/cache/
wp-content/upgrade/
wp-content/uploads/
wp-conetnt/languages/
wp-content/wp-cache-config.php
wp-content/plugins/hello.php

/.htaccess
/license.txt
/readme.html
/sitemap.xml
/sitemap.xml.gz
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.