Help us understand the problem. What is going on with this article?

PythonでQRコード作成。定期券発行の際に毎回同じこと書いて、並びたくない。。

年明けに通勤のための定期券発行(再発行)にいってきました。

すんごい行列。。。

なんだこれは。ディズニーランド的な。

毎回同じこと書いてるし。並ぶし。めんどくさい。

ということでこれって、QRコードを一回発行して、各自がスマホでかざせばかなり効率化できるのでは??

スクリーンショット 2020-01-08 6.26.35.png

まずはQRコード作成用のモジュールをpipでインストール。

$ pip install qrcode

あとは、初回に属性情報を求めて、QRコード化。

qrmake.py


import qrcode

name=input('氏名は?')
address=input('住所は?')
age=input('年齢は?')
tel=input('電話番号は?')
start=input('出発は?')
goal=input('到着は?')
via=input('経由地点は?')

img=qrcode.make('氏名:'+str(name) + '  address:' + '  年齢:' +str(age) +'  電話番号' + str(tel) + ' 出発地点:' +str(start) + ' 到着:'+str(goal) +' 経由:' +str(via))
img.save('属性情報')

こんな感じ。

(kyoto) MacBook-Air% python3 qrmake.py
氏名は?たなかたろう
住所は?京都市A 町B通りマンションC101号
年齢は?40歳
電話番号は?090-000-0000
出発は?京都駅
到着は?五条駅
経由地点は? 

そうするとQRコードが発行されます。

そのコードを紙で渡すか、メールで飛ばすようにしておけばいいのでは。

頼むよ京都市。

スクリーンショット 2020-01-08 6.56.38.png

<追記 2020.1.12>

データベースの作成とQRコードが自動発行される仕組みを応用編で書きました。

参照:近所のクリーニング屋さんの電話が鳴りっぱなしだったので、PythonでQRコードが自動発行される顧客データベースを作ってみる

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした