Ruby

rubyで繰り返し処理を行う(while,times,for,each)

繰り返しの処理

何回か同じ処理を繰り返したい時に

  • while
  • times
  • for
  • each

を使うと便利です。

  • while
  • times

は回数を指定して使いたい場合。例えば〜回処理をするなどの時に便利。

  • for
  • each

は配列などを参照して、要素がある分だけ繰り返し処理を行いたい場合便利です。

while書き方

test
i = 0

while i <10 do

puts "#{i}:hello"
i += 1

end

  • whileの条件分に入れている変数はwhile内で使える。
  • forとwhileは制御構造のため
    • doは省略可
    • スコープを作らない

times書き方

test
10.times do |i|

puts "#{i}:hello"

end

  • 10が繰り返す回数
  • iはtimes内で変数として使いたい時に設定

for書き方

test
for i in 15..20 do

  p i

end

for 変数 in 範囲 do

  p i

end

# 変数がinの範囲内で何回も処理を行う。timesなどと違い、変数がinの範囲内に変化する。

for colors in ["red","white"] do

  p colors

end

each書き方

test
colors = ["red","white"]

colors.each do |i|

 puts i

end

# 下記でも記入可能

["red","white"].each do |i|

 puts i

end

注意点

  • times や each はメソッドのためdo〜end でブロックをなす