Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
9
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 3 years have passed since last update.

@yotan

Azure仮想マシンのOSディスク容量を拡張する

はじめに

Azure仮想マシンは追加したデータディスクについては自由にサイズを決めることができますが(1ディスクあたりの最大は1TBですが)、OSディスクの初期サイズはデプロイ時にMarketplaceで選んだOSと構成に依存します。
例えばWindows Server 2012 R2 Datacenter Editionを選ぶと、Cドライブは127GBになります。
こちらは仮想マシンのデプロイ後に変更することができるので、その手順についてまとめました。
(CentOS 7版のOSディスク容量拡張手順はこちらを参照下さい)

仮想マシンをデプロイ

今回はOSディスクはPremiumディスクを使用します。
仮想マシンのサイズはDS,Fs,GSシリーズの何れかを選択します。最近筆者はF(Fs)シリーズがコスパ的にも優れていてお気に入りです。

Azureポータルにログイン後、「+追加」→「Compute」→「Windows Server 2012 R2 Datacenter」を選びます。
デプロイモデルが「リソースマネージャー」になっていることを確認してから「作成」を押します。
image

「1.基本」の項目
VM Disk Typeは「Premium (SSD)」を選択します。
その他項目は画面例を参考に適当に入力します。
image

「2.サイズ」の項目
今回はF2S(2Core/4GB)を選びました。
image

「3.設定」の項目
こちらは全てデフォルトで進めました。
ストレージアカウントはVHDファイル格納用のPremiumストレージと、診断情報格納用のStandardストレージの2つが自動作成されます。
image

「4.概要」の項目
表示内容を確認して「OK」を押すとデプロイ開始です。
image

しばらく待つと、無事仮想マシンのデプロイが完了して状態が「実行中」になりました。
image

Windows側からの確認

Azureポータルから「接続」を押してリモートデスクトップ接続で仮想マシンに接続します。
image

スタートメニューを右クリックして、ポップアップメニューから「Disk Management」を選択します。
image

Disk 0(Cドライブ)はデプロイ直後は127GB確保されていることを確認します。
image

OSディスクのサイズ変更

OS起動中はディスクのサイズ変更ができないため、一度仮想マシンを停止します。
image

仮想マシン停止後、ディスクメニューからOSディスクを選択し、サイズを1023GiBに設定して保存します。
image

サイズ変更後、仮想マシンを再び起動します。
image

Windows側のサイズ拡張

Azure側にてOSディスクのサイズを拡張しても、仮想マシン内のWindows側は自動で領域拡張はしてくれません。
以下の手順で拡張します。

Disk ManagementにてDisk 0(Cドライブ)に未割当(Unallocated)の領域があることを(増えていること)を確認します。
image

Cドライブに割り当て済みの部分を右クリックして、表示されたプルダウンメニューから「Extend Volume」を選択します。
image

「Next」を選択します。
image

増やす領域のサイズ指定画面が出ます。デフォルトで最大値が入っているので、このまま「Next」を選択します。
image

無事領域の拡張がOS上でも行われました・
image

image

おわりに

今回のエントリではOSディスクにPremiumストレージを使いましたが、Azureプレミアムストレージは確保したサイズによってディスク性能が異なります。
以下に性能表を示しますが。OSディスクをデプロイ直後の127GB(P10)から1023GB(P30)に上げる事により、容量アップ+性能アップにもなります。

Premium Storage P10 P20 P30
ディスク サイズ 128 GiB 512 GiB 1,024 GiB (1TB)
ディスクあたりの IOPS 500 2,300 5,000
ディスクあたりのスループット 100 MB/秒 150 MB/秒 200 MB/秒

無論P10よりもP30の方が利用料金はお高くなるため、全ての場面で必要ではないと思いますがご参考まで。

おまけ

実はOSディスクもデータディスクも、仮想マシンが起動中でもホストキャッシュの設定を変更することができます。
image

ただし、OSディスクのホストキャッシュはデフォルトでRead/Writeキャッシュが設定されるのですが、こちらをOS起動中に変更するとキャッシュ上に残っている書き込みキャッシュがWritebackされずに消えてしまう可能性があるようです。
Japan Azure Technical Support Engineers' Blogでも情報が公開されていますので、こちらも参考にすると宜しいかと。

9
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
9
Help us understand the problem. What is going on with this article?