Edited at

Macのプログラミング環境を引っ越しするためのまとめ

Macをグレードアップすることになったので、引っ越し作業を見据えてこの機会にMacのプログラミング環境を棚卸ししたいと思います。

この記事は、その時に実施した内容のメモです。

(平成が終わるまえに、作業環境の大掃除!)


諸注意

普段 Go言語と Node.js を中心に使用しているため、それらに関係するものが大量に含まれています。

また、シェルは fish shell を使用しています。

使用しない技術やツールの部分については参考程度にして下さい。


今の環境を棚卸する


dotfiles

.bashrc など、 $HOME ディレクトリに存在するドット( . )付きファイルをGitHubで管理してしまいます。

dotfiles リポジトリを作成します。

(私が結果として作成したリポジトリはこちら https://github.com/yoskeoka/dotfiles)

dotfiles リポジトリの作成については、こちらを参考にしました。(とても参考になりました!)


brew

brew でインストールしたものは brew bundle を使えば一発で棚卸し出来ます。

# brew でのインストール結果を Brewfile に書き出す

brew bundle dump

# Brewfile を元にインストール
brew bundle install


fisher

今まで fisher install でインストールしたものを一覧化しておきましょう。

fisher list -l


npm

今まで npm i -g でインストールしたものを一覧化しておきましょう。

npm ls -g --depth=0


yarn

今まで yarn global add でインストールしたものを一覧化しておきましょう。

yarn global list --depth=0


Visual Studio Code

Settings Sync を使うのが一番ですが、使いたくない時は以下でインストールコマンド形式で一覧化出来ます。

code --list-extensions | xargs -L 1 echo "code --install-extension"

TODO: 他の棚卸しについても、棚卸し作業の進行に従って随時更新していきます。


環境構築編


dotfiles, brew, go, npm, yarn, fish

作成した dotfiles リポジトリ を Clone してきて、コマンドを実行するだけ。

# 0. XCode Command-Line Tools がまだなければインストールが必要

xcode-select --install

# 1. Git Clone
git clone https://github.com/yoskeoka/dotfiles.git ~/dotfiles

# 2. Install
bash ~/dotfiles/setup.sh initialize

# 3. dotfiles を ~/ 以下に反映
bash ~/dotfiles/setup.sh deploy


まとめ

コマンドライン周りの環境は手軽に確実に環境を再現できるので、棚卸しをしてみましょう!

公開したくない情報がdotfilesに含まれている場合は 2019年01月08日 から無料で使用できるようになったGitHubのプライベートリポジトリを使用すると良いと思います。