Help us understand the problem. What is going on with this article?

Googleのバグ予測アルゴリズムをGitBucket Pluginに実装してみた

More than 3 years have passed since last update.

バグ予測の新たな指標として、Googleがちょっと前に発表していたアルゴリズムを使って見えるようにしてみた。

以下のサイトを参考にさせていただきました。

Pluginは、こちら。
https://github.com/yoshiyoshifujii/gitbucket-bugspots-plugin

使い方

Pluginを適用していただいたらすぐに使えます。
リポジトリの画面を開いていただくと、下図のサブメニュー位置にリンクが表示されます。

root_sample.png

リンクを押下して飛んでいただきますと、バグ予測アルゴリズムをリポジトリに適用して結果が表示されます。

Bug_Spots.png

アルゴリズムを適用した結果が降順で表示されます。

数値が1.0以上のソースはバグが混入されている可能性が高いため、レビュー時は重点的に見たほうが良いよって程度には使えるかなって思います。

また、テキストボックスに任意の正規表現パターンを記載して Search ボタンを押下されますと、過去のコミット内容を指定した内容で走査し、アルゴリズムを適用します。

プロジェクトによって、バグ修正を見分けるコミットコメントのキーワードが異なったりするかと思いますので、ここで調整いただければと思います。

今後

Search条件を保存できるようにしても良いかもしれません。

毎回、指定しなおすの面倒ですし。

以上です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away