Edited at

UbuntuにRustをインストールする

UbuntuにRustをインストールしたのでメモとして残しておきます。


環境


  • Ubuntu 18.04

  • rust 1.34.0


インストール

curl https://sh.rustup.rs -sSf | shを実行するだけで簡単にインストールできます。途中でインストールの方法を選択できますがここではデフォルトの1を選択しています。rustup.rsは中身はBashスクリプトになっていてrustupやrustc、cargoなどを$HOME/.cargo/binにダウンロードしてくるようです。スクリプトの中身はrustup.rsのGitHubのrustup-init.shです。

~$ curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh

info: downloading installer

Welcome to Rust!

This will download and install the official compiler for the Rust programming
language, and its package manager, Cargo.

It will add the cargo, rustc, rustup and other commands to Cargo's bin
directory, located at:

/home/yoshi/.cargo/bin

This path will then be added to your PATH environment variable by modifying the
profile file located at:

/home/yoshi/.profile

You can uninstall at any time with rustup self uninstall and these changes will
be reverted.

Current installation options:

default host triple: x86_64-unknown-linux-gnu
default toolchain: stable
modify PATH variable: yes

1) Proceed with installation (default)
2) Customize installation
3) Cancel installation
>1 <--ここで1を入力する

info: syncing channel updates for 'stable-x86_64-unknown-linux-gnu'
info: latest update on 2019-04-11, rust version 1.34.0 (91856ed52 2019-04-10)
info: downloading component 'rustc'
85.3 MiB / 85.3 MiB (100 %) 15.9 MiB/s ETA: 0 s
info: downloading component 'rust-std'
56.2 MiB / 56.2 MiB (100 %) 16.3 MiB/s ETA: 0 s
info: downloading component 'cargo'
info: downloading component 'rust-docs'
info: installing component 'rustc'
85.3 MiB / 85.3 MiB (100 %) 12.5 MiB/s ETA: 0 s
info: installing component 'rust-std'
56.2 MiB / 56.2 MiB (100 %) 15.0 MiB/s ETA: 0 s
info: installing component 'cargo'
info: installing component 'rust-docs'
10.2 MiB / 10.2 MiB (100 %) 4.2 MiB/s ETA: 0 s
info: default toolchain set to 'stable'

stable installed - rustc 1.34.0 (91856ed52 2019-04-10)

Rust is installed now. Great!

To get started you need Cargo's bin directory ($HOME/.cargo/bin) in your PATH
environment variable. Next time you log in this will be done automatically.

To configure your current shell run source $HOME/.cargo/env


インストール先

インストールメッセージの最後の方にRustを使用するにはCargoのbinディレクトリ($HOME/.cargo/bin)を環境変数PATHに追加してくださいとあります。lsコマンドでそのディレクトリを確認するとRustコンパイラのrustc以外に、コンパイルマネージャとパッケージマネージャを兼ねるcargo、ドキュメンテーションツールのrustdoc、これらツールチェーンのインストーラrustupもインストールされています。rust-lldbとかrust-gdbとかデバッガらしきものもインストールされています。

~$ ls $HOME/.cargo/bin/

cargo cargo-clippy cargo-fmt cargo-miri clippy-driver rls rust-gdb rust-lldb rustc rustdoc rustfmt rustup


パスの設定

親切にもパスを通すスクリプト$HOME/.cargo/envを用意してくれています。中身はexportコマンドで$HOME/.cargo/binをパスに追加しています。これをsourceコマンドで読み込みます。

~$ cat $HOME/.cargo/env

export PATH="$HOME/.cargo/bin:$PATH"
~$ source $HOME/.cargo/env


実行確認

cargorustcrustdocrustupは無事インストールされています。

~$ cargo --version

cargo 1.34.0 (6789d8a0a 2019-04-01)
~$ rustc --version
rustc 1.34.0 (91856ed52 2019-04-10)
~$ rustdoc --version
rustdoc 1.34.0 (91856ed52 2019-04-10)
~$ rustup --version
rustup 1.17.0 (069c88ed6 2019-03-05)

rust-lldbでデバッグしたかったのですが、rust-lldbを実行するとlldbがないと怒られました。aptコマンドでlldbを入れると無事起動しました。

~$ rust-lldb 

/home/yoshi/.rustup/toolchains/stable-x86_64-unknown-linux-gnu/bin/rust-lldb: 34: exec: lldb: not found

~$ sudo apt install lldb

~$ lldb --version
lldb version 6.0.0

~$ rust-lldb
(lldb) command script import "/home/yoshi/.rustup/toolchains/stable-x86_64-unknown-linux-gnu/lib/rustlib/etc/lldb_rust_formatters.py"
(lldb) type summary add --no-value --python-function lldb_rust_formatters.print_val -x ".*" --category Rust
(lldb) type category enable Rust
(lldb)


ビルド

さっそく簡単なプログラムを書いて動かしてみます。


  • rustcで直接コンパイル

  ~$ vim hello.rs

fn main() {
println!("Hello, world!");
}
~$ rustc hello.rs -o hello
~$ ./hello
Hello, world!


  • cargoでコンパイル

  ~$ cargo new hello

Created binary (application) `hello` package
~$ cd hello
~$ cargo build
Compiling hello v0.1.0 (/home/yoshi/rust/hello)
Finished dev [unoptimized + debuginfo] target(s) in 0.26s
~$ cargo run
Finished dev [unoptimized + debuginfo] target(s) in 0.00s
Running `target/debug/hello`
Hello, world!


cargoのオプション

その他のcargoのオプションです。そのうち細かいところも見ていこうと思います。

オプション
説明

build
プロジェクトのビルドをする

check
ビルドできるかのチェックをする

clean
プロジェクトのクリーンをする

doc
ドキュメントを作成する

new
プロジェクトの作成

init
既存のディレクトリでプロジェクトの作成

run
実行ファイルを実行する

test
テストを実行する

bench
ベンチマークを実行する

update
Cargo.lockに記述された依存をアップデートする

search
crate.ioからパッケージを探します

public
パッケージをcreate.ioに公開します

install
rust製のバイナリをインストールする

uninstall
rust製のバイナリアンインストールします