Edited at

MESHタグ使ってみました。

More than 1 year has passed since last update.


MESHタグとは?

小さなブロック形状の電子タグです。

専用のアプリを利用することで、ノンプログラミングで

誰でも簡単にIoTを実現することができます。

こんな感じです。↓

MESH2.png

消しゴムほどの大きさです。


電子タグの種類

全部で7種類販売されてます。


1.LEDタグ

 いろんな色に光ります。


2.ボタンタグ

 シンプルなボタンです。


3.人感タグ

 人の動きを検知できます。


4.動きタグ

 タグの動きを検知することができます。


5.明るさタグ

 明るさの変化を検知できます。


6.温度・湿度タグ

 温湿度の変化を検知できます。


7.GPIOタグ

 電子工作の無線化や、できることを拡張します。

ちなみに値段は5980~6980円/個です。

写真は、自社で購入した6種類です。

MESH.png

左上から、動きタグ・ボタンタグ・温度・湿度タグ

     人感タグ・LEDタグ・明るさタグです。


で、具体例に何ができるの?

実はMESHプロジェクト公式HPレシピというコーナーに様々な活用例が載っています。

人気レシピの中から、抜粋して内容を記します。


1.残量が一目でわかるティッシュ箱


利用タグ

LEDタグ、人感タグ


レシピ

(1)ティッシュ箱に人感タグを設置

(2)ティッシュが箱から取られた回数をカウント

(3)カウントされた回数によって、LEDの色を変更し光らせる。

  50回まで:青色

  100回まで:緑色

  150回まで:黄色

  200回に到達:赤く点滅


2.鍵かけ忘れ防止


利用タグ

動きタグ


レシピ

(1)ドアの鍵の部分に動きタグを設置。

(2)鍵が開いた(動きタグが上向きになった)後、10秒カウント

(3)鍵が閉まった(動きタグが元の向きに戻った)場合、通知しない。

(4)10秒以上鍵が開いていた場合、通知。


3.猫背強制チェアー


利用タグ

明るさタグ


レシピ

(1)自分の椅子の背もたれに明るさタグを設置。

(2)明るさタグが、自分の背中によって暗くなったら通知。

他にもレシピ載ってます。


早速実験してみる


概要


  • MESHの連携機能IFTTT(イフト)を使ってみる。

  • 室内の湿度が変化したとき、Googleスプレッドに結果を出力する。

    [イメージ図]
    イメージ図.png


利用タグ

温度・湿度タグ


レシピ

(1)自室に温度湿度タグを設置。

(2)イメージ図に沿って、レシピを作成。

レシピ.png

(3)①湿度が40~60%に変化したとき

  ②湿度が61~80%に変化したとき

  ③湿度が81~100%に変化したとき

  ①~③にGoogleスプレッドにデータを出力する。


結果


  • Googleスプレッドの作成はできました。

    [結果(こんな感じ・・・)]
    結果.png
    (MESHの実験というよりIFTTTで連携するとどうなるかという実験になりました。)


誰が開発したのか?

ソニーです。

MESHプロジェクトはソニーの新規事業創出プログラムから生まれた新規事業の一つ。

誰でも簡単に「あったらいいな。」を作れる世界を目指し活動しているとの事です。


その他実験


  • 会議室不在通知

    会議室の電気が消えたらメールを送信。

  • 傘忘れ防止装置

    今日の天気が雨ならば、定時後に出入り口を人が通過すると

    「傘忘れてますよ。」と音声で通知する。

  • 郵便お知らせ機能

    ポストに郵便物が届いたらGmailで通知する。

などなど・・・。

社内でMESHを使った様々な実験が行われました。


所感


良かった点


  • 本当に簡単です。アプリでタグや条件を選ぶだけで

    簡単にIoTが体験できます。

  • IFFT連携したい場合は、少し手順が面倒ですが、

    公式におおよそ掲載されているのでさほど苦じゃありません。

    自分たちのセンスや発想次第で、色んなことできるんだろうなという感じです。


微妙だった点


  • 何をするにしても、タグの近くに端末を置いておく必要があります。

    (MESHタグ自体はBluetoothで接続されます。)


  • 温度・湿度タグなど「□度~〇度」に変化すれば「××する」という

    設定は可能だが、「今、〇度」という現在の計測値を送ることはできません。

    今すぐなにか使うわけではありませんが、より「センサー」的な使い方ができると

    レシピの幅が広がるのかなぁと感じました。


    ⇒すみません。機能追加されてました。笑
    new.png


まとめ

「へ~。MESHってこんな感じか~。」と

思っていただけると嬉しいです。

私の文章だけでは伝えきれていない魅力も

たくさんあると思いますが、

簡単にIoTを体験するにはとても良いツールだと思います。