laravel
laravel5
laravel5.6

Laravel入門

以下の記事にしたがってLaravelプログラムを動かしてみます。

ここでは、開発環境を構築しなくても、ブラウザだけで開発できるPaizaCloud Cloud IDEを使って
LaravelでHello Worldアプリを作ってみます。

手順の詳細は、以下の記事の通りですので、詳しくはこちらを参照ください。

Laravel入門: 初心者でも10分でWebサービスを作れる!PHPフレームワークLaravelとPaizaCloudの使い方

PaizaCloudでのサーバ構築

PaizaCloudにサインアップして、サーバを作成します。
サーバ作成時には、MySQLもチェックしておきます。

https://paiza.cloud/ja/

アプリケーション作成

以下のコマンドでアプリケーションを作成します。

$ laravel new myapp

サーバ起動

以下のようなコマンドで、サーバを起動してみます。地球アイコンの8000と書かれたボタンがポップアップしますので、クリックするとブラウザが起動します。

$ cd myapp
$ php artisan serve

ファイル編集

welcomeファイル(myapp/resources/view/welcome.blade.php)を書き換えれば、表示が変わります。
Hello Worldなどと入れてみましょう。

完成

以上で、完成です。この記事ではここまでですが、モデルなどを使ったサンプルは以下の記事にあります。

Laravel入門: 初心者でも10分でWebサービスを作れる!PHPフレームワークLaravelとPaizaCloudの使い方