Edited at

カジュアル面談時に聞くこと・調べること

こんにちは。元経理エンジニアのよしにゃんです。

転職活動でのカジュアル面談時に聞くこと・調べることについて自分なりのポイントをまとめました

元経理なのでエンジニア一本でキャリアを築いてきた方とは少し違う視点かもしれないです。


チェックするポイント


  • 仕事の進め方(受注〜納品までの細やかな流れ)

  • 福利厚生

  • 自社サービスか受託かSESか

  • 利益はどのビジネスが軸であるか

  • 財務状況

  • 売上・利益

  • 技術スタック

  • 開発環境

  • 入ってからのポジション

  • 必要な技術レベル

  • 給与レンジ

  • 選考の流れ

  • 納期に間に合わないときどうするか

補助的に説明したいところだけピックアップ。


福利厚生を調べる

エンジニアとして、自分のプライベートの時間で勉強し、自分のお金で技術書を購入したりカンファレンスに参加するのは当然かもしれないのですが、もし、それを補助する仕組みがあるとうれしいですね。

例えば、業務時間の何パーセントを自分の技術学習に当ててよかったり、技術書・カンファレンス費用を負担してくれると費用を気にせず、行動できるのでとてもよいと思う。

福利厚生ではないかもしれないが、私服でよいかどうかも聞いておこう。

勤務時間のスタート時間とエンド時間。

フレックスか否か。

フレックスであれば、だいたいエンジニアは何時に来ているかも聞きたい。


会社の業績を調べる

ネットでわかる範囲で調べておく。

儲かっていないと技術負債を返済したり、新しい技術を取り入れていくことは不可能なはず。

資金調達いくらしたなどはネットでわかる。

資金調達できるということは、将来性があるということだと思う。


利益はどのビジネスが軸を見極める

将来性のあるビジネスモデルか。

利益の源泉はどこにあるのかを把握しておく。


技術スタック・開発環境

フロント・バック・インフラなど。

技術スタック・開発環境ももちろんそうだが、

テストを書く文化であるか。

ソースレビューがあるかどうかも重要。

技術的負債についてどういう方法で返済していくか。

技術を選定する基準も聞こう。


入ってからのポジション

リーダーをやるのかリードなのか。

メンバーポジションなのか。

入社することで今後のキャリアに幅が出たり、自分のやりたい方向なのかをチェックすることが必要。


選考の流れ・採用にあたっての攻略法を聞く

カジュアル面談で入社したい意思が出てきたら、攻略法を聞いてみよう。

もしかするとカジュアル面談してくれたひとはあなたの味方になってくれるかもしれない。

選考の流れやスキルチェックがあるかどうか、方法はどんなものかも合わせて聞いておこう。


納期に間に合わないときどうするか

仕様を調整するのか。スケジュールを調整するのか。

一時的に残業しまくって間に合わせるのか。


最後に

この記事を書いていいか迷いましたが、未来の自分用のメモとしての役割もあり、投稿しました。

いろいろな条件を書いてしまいましたが、やっぱいカジュアル面談してくれた方と一緒に働いてみたいかも重要だと思うので直感も大事です。

僕は、現在、転職活動中ですが、いろいろカジュアル面談をするなかで特に気にしていることを羅列してみました。

もし、ここも気にしたほうがよいなどありましたが、コメント欄で教えてくれるとうれしいです。