Help us understand the problem. What is going on with this article?

midPointの歩き方

はじめに

皆さま、midPoint by OpenStandia Advent Calendar 2019 の記事をお楽しみいただけましたでしょうか。
Advent Calendar最終日は、もっとmidPointを知りたい方向けに参考となるドキュメントやURLの箇所をご紹介します。

そもそも「アイデンティティ管理(Identity Management)」とは?

midPointは「IDガバナンス&管理(Identity Governance & Administration)」(以下、IGAと記載する)を実現するオープンソースソフトウェアです。

IGAは従来の概念である「アイデンティティ管理(Identity Management)」(以下、IDMと記載する)を把握することで、より一層理解が深まります。

下記のドキュメントの箇所にIDMの基本的な概念について詳しく記載されています。(英語です)

IDMについては日本語でまとめられた記事もいくつかあるので、それらを検索して読むのもおすすめです。

midPointの利用・移行のススメ

IDMからIGAへの移行のススメや、midPointを利用するメリット紹介については下記URLに記載されています。(英語です)
また、アドベントカレンダー1日目の記事にもmidPointを利用するメリットが記載されているので、こちらもあわせてご確認ください。

midPointをインストールせずに試してみたい

下記リンクにデモがあります。デモの説明はこちらにありますので、どうぞご確認ください。

デモにログインするための管理ユーザ名とパスワードは下記の通りです。

管理ユーザ名 初期パスワード
administrator 5ecr3t

midPointの概要

midPointの大まかな特徴や仕組みについては下記リンクにまとまっております。(英語です)

midPointの機能一覧

midPointの機能は、下記URLに一覧化されています。
気になる機能があれば、こちらのURLから探すのをおすすめいたします。

しかし、こちらのリンクから主要な機能をピックアップするのは大変なので、本アドベントカレンダーではOpenStandiaが重要であると認識している機能をピックアップしております。

本アドベントカレンダーの4日目6日目8日目などで紹介していっているので、こちらもぜひお読みください。

また、midPoint側もWikiにて特徴的な機能についてを下記リンクにてご紹介しています。

midPointを利用したシステムの構成を考えたい

midPointを利用したID管理システムの構成を考える際は、下記サイトをご確認ください。
クラスタのパラメータやリポジトリのオプション設定が紹介されています。

実際にmidPointはどう使われている?

midPointを用いると、どのような点が有用かが分野ごとに紹介されています。

また、様々な企業のケーススタディの紹介もあります。

まとめ

今年のOpenStandiaアドベントカレンダーはmidPoint特集とさせていただきました!
まだまだ日本でも知名度が低いmidPointですが、こちらのアドベントカレンダーをきっかけとして
魅力を知ってもらえたら幸いです。

midPointの情報は今後も更新され、Practical Identity Management with MidPoint もページがさらに増えていくとのことです。
midPointの最新情報は、下記リンクをご確認ください。

また、OpenStandiaの下記サイトでも、midPointの最新情報をアナウンスします。
こちらも是非チェックしてください!

NRI OpenStandiaについて

OpenStandiaとは、野村総合研究所(NRI)が提供する、オープンソースソフトウェアに対するエンタープライズ向けのサポート&サービスの総称です。 オープンソースソフトウェア利用の課題を解決し、企業にもたらすオープンソースソフトウェアのメリットを感じて頂くための様々なサポート&サービスメニューをご用意しています。

OpenStandia公式サイトは こちら

nri
NRIは「コンサルティング」「金融 ITソリューション」「産業 ITソリューション」「IT 基盤サービス」の4事業でお客様のビジネスや快適な社会、暮らしを支えています。※各記事の内容は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
https://www.nri.com/jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした