Help us understand the problem. What is going on with this article?

SORACOM LTE-M Button for EnterpriseとAlibaba Cloud Function Computeを連携する

概要

2020年2月4日開催のSORACOM UG Tokyo #14 LT枠にてお話しした
「日中間の架け橋ボタン」で発表させていただいた内容の関連記事です。

初めての参加で初めての発表にも関わらず、皆さんニコニコして聞いてくれました。感謝です。

LT資料はこちらです。
thumbnail

今回記載すること

おそらくはじめてしろボタンとAlibaba Cloudを連携させた気がするので、
その記録として、しろボタンとFaaSのFunctionCompute
連携方法について記載します。
ただ、メインはFunction Computeの作成方法になってしまいました…
SORACOM Beamの設定は他にも記事がたくさんありますので、割愛させていただきます。(リンクは一例です)

手順

手順はたったの2ステップ!
- HTTPトリガーでFunction Computeの関数を作成する
- SORACOM Beamの転送先に上記で作成したURLを登録する
です。

HTTPトリガーでFunction Computeの関数を作成する

FaaSでURL作れるんだ!API Gatewayいらないんだ!と思われた方のために、
どこでURLが生成されるか、簡単に手順を記載したいと思います。

Function Computeでサービスを作成する

Alibaba Cloudコンソールにログインして、
Function Computeのサービスを作成します。
1.PNG

Function Computeで関数を作成する

サービスを作成したら、関数を作成します。ここでHTTP関数を選択します。
2.PNG

関数の設定をする

関数に名前を付けたり、言語を選択したりします。

3.PNG
ついでにHTTPトリガー名をつけたり、承認方法(anonymousかfunction)、
リクエストメソッドを選択します。私はGETとPOSTにしました。
4.PNG

コードを書く

関数の設定が終わったら、下記のようにサンプルコードと共にエディタが現れます。
頑張ってコードを書きます。今回の場合は、ボタンが緑点灯するように
ステータスコード200を戻り値として書くのがポイントでした。
5.PNG

そして、どこにURLがあるのか?というと
ここです。エディタ部分の下にあるので、赤枠の部分をコピーして
SORACOM Beamの転送先に設定します。
6.PNG

ボタンを押して実行されるか確認する

ボタンをぽちっと押して、緑点灯になるか、
Function Computeに記載した想定通りの動きになるか確認します。

まとめ

以上、ほぼFunction Computeの設定方法紹介になってしまいましたが、
しろボタンとAlibaba Cloud Function Computeとの連携方法でした。
すごくシンプルで簡単ですよね!

LT資料にあった、Function ComputeでCENにVPCをアタッチする部分や、
Ping結果をDataVに表示させる部分は長くなりそうなので別記事としたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした