Posted at

ubuntu環境でのanaconda3のインストール / condaが使えないとき

WSLを利用してanacondaの環境を設定する際のまとめです。(desktop ubuntuもほぼ同様です)

condaが利用できないときの対処法も書いてあります。


インストール方法


1. .shのダウンロード

https://www.anaconda.com/ から該当するものをダウンロードします。(DL先はどのディレクトリでも問題なし)

今回は、Users/username/Downloadsにダウンロードした前提として進めます。

注)WSL環境で動かす場合はLinuxを選択!


2. bashからの実行

ダウンロードした.shファイルをもとにしてインストールしていきます。

WSLのbashの場合は、以下の1行を実行すれば完了です。

bash ../../mnt/c/Users/user_name/Downloads/Anaconda3-2019.03-Linux-x86_64.sh

次のコマンドでちゃんとanacondaが使えるか確認しましょう。

$ python3

>>> import numpy as np
>>> np.__file__

この実行結果で、anaconda3を参照できていればOKです。

anacondaが使えていない場合は次の節に進んでください。


想定される問題点

インストール完了後、次の2点の問題が発生する恐れがあります。

(1)既存のpython環境で実行され、anacondaが利用できない。

この場合、

conda activate

によってconda環境を適用できるようになるらしいです。

(私はこれでもできなくて次に進む。)

(2) condaが利用できない。

上記実行時、condaが使えない恐れがあります。このときはpathが通っていないのが原因です。

.bashrcに次を書き込みましょう。

export PATH=“~/anaconda3/bin:$PATH"

これで、bashを再起動すれば、使えるようになるはずです!


おまけ

私はここまでやった後、import numpyの段階で、

_ctypesがないよというエラーが出ました。

この場合、次を実行すれば良いようです。

$ sudo apt install libffi-dev