Windows版Jenkinsを自動インストールする。ついでにプラグインも。

  • 27
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Jenkinsで自動化。インストールも自動化。

Jenkins Windows Installer編

コマンド

msiexec /i jenkins-x.xxx.msi /qn JENKINSDIR="path\to\jenkins"

解説

JenkinsのWindows用native packageは、インストーラーにWindows Installerを利用しています。
ダウンロードしたzipファイルにはmsiファイルとsetup.exeが同梱されていますが、今回必要なものはmsiだけです。

オプション 説明
/i path.msi msiファイルの指定。
JENKINSDIR=path インストール先およびJENKINS_HOMEになるパス。
指定なしなら%ProgramFiles(x86)% (64bit)か%ProgramFiles% (32bit)。
/qn サイレントインストール(UI非表示)。/qrとの違いはUIの有無

Program Files配下ではなく、他の場所にインストールしたほうが便利でしょう。JENKINS_HOMEが指定できることもポイントです。
その他の細かいオプションはWindows Installerの公式ドキュメントを参照してください。

プラグイン

Jenkinsインストール後の作業です。

Jenkins CLI編

Javaとインターネットが利用できることが前提

java -jar jenkins-cli.jar -s %JENKINS_URL% install-plugins pluginNameA pluginNameB pluginNameC...
java -jar jenkins-cli.jar -s %JENKINS_URL% safe-restart

1コマンドで複数のプラグインがインストールできます。

ローカルインストール編

Jenkinsマシンからのインターネット利用が難しい場合です。

プラグインの依存関係の調査
ローカルインストールではプラグインの依存関係を手動で解決する必要があります。
Jenkinsのwikiから、欲しいプラグインが依存しているプラグインを確認しましょう。

プラグインのダウンロードと設置
プラグインの実態であるhpiファイルを、プラグイン用ディレクトリに置く必要があります。
hpiのダウンロード元はhttp://updates.jenkins-ci.org/latest/pluginName.hpi
hpi用のディレクトリはpath/to/jenkins/plugins です。
依存関係のあるプラグインも忘れないように。

Jenkinsの再起動
JENKINS_URL/safeRestartで再起動できます。

Chef利用編

JavaJenkinsのcookbookを利用すればよいでしょう。プラグインもうまく処理してくれます。

関連記事