Help us understand the problem. What is going on with this article?

Qiitaの記法まとめ

More than 5 years have passed since last update.

リファレンス的に使えるようにmarkdownの内容をざっくりとまとめました。

コードを挿入する

下記のように```の後に使用する言語を指定してあげれば、それに応じたシンタックスハイライトを適用してくれます。

```cpp
print("hello\n");
```

    

print("hello\n");


:のあとにタイトルを指定することもできます。

```sh:hello_world.sh
#!/bin/bash
echo "Hello World !"
```

    

hello_world.sh
#!/bin/bash
echo "Hello World !"

他にも以下の言語を使用できます
C#(cs), C++(cpp), css, html, xml, java, javascript, php, perl, python, ruby, sql
など

ヘッダーを挿入する

文の次の行に___を入れるとその文がヘッダーになります。

ヘッダーをいれる
---

    

ヘッダーをいれる

太字にする

文を**で囲むとその部分が太字になります。

囲んだ文字を**強調**する

    

囲んだ文字を強調する

見出しを挿入する

文頭に#をいれることで見出しにすることができます。
この#個数は見出しのレベルに対応しています。

## h2テキスト
###### h6テキスト

    

h2テキスト

h6テキスト

 ブロッククオートを挿入する

文頭に>をいれることでブロッククオートを使うことができます。
正しく表示させるためには前後に1行以上の改行を入れないといけません。

> This is a blockquote with two paragraphs. Lorem ipsum dolor sit amet,
> consectetuer adipiscing elit. Aliquam hendrerit mi posuere lectus.
> Vestibulum enim wisi, viverra nec, fringilla in, laoreet vitae, risus.
> 
> Donec sit amet nisl. Aliquam semper ipsum sit amet velit. Suspendisse
> id sem consectetuer libero luctus adipiscing.

    

This is a blockquote with two paragraphs. Lorem ipsum dolor sit amet,
consectetuer adipiscing elit. Aliquam hendrerit mi posuere lectus.
Vestibulum enim wisi, viverra nec, fringilla in, laoreet vitae, risus.

Donec sit amet nisl. Aliquam semper ipsum sit amet velit. Suspendisse
id sem consectetuer libero luctus adipiscing.


また、改行ごとに>を入れる必要はないので、下のように書いても同じ結果になります。

> This is a blockquote with two paragraphs. Lorem ipsum dolor sit amet,
consectetuer adipiscing elit. Aliquam hendrerit mi posuere lectus.
Vestibulum enim wisi, viverra nec, fringilla in, laoreet vitae, risus.

> Donec sit amet nisl. Aliquam semper ipsum sit amet velit. Suspendisse
id sem consectetuer libero luctus adipiscing.

リストを挿入する

文頭に*をつけることでリストにすることができます。

* リスト1
* リスト2
* リスト3

    

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3


また、以下のようにすれば数字のリストも使えます。

1.  Bird
2.  McHale
3.  Parish

    

  1. Bird
  2. McHale
  3. Parish


リストの要素のなかに文を書くときは以下のようにします。

*   This is a list item with two paragraphs.

    ここに文を入れるときは先頭にスペース4つorタブ1つをいれます。
    また、前後に1行以上の改行が必要です。

*   Another item in the same list.

    

  • This is a list item with two paragraphs.

    ここに文を入れるときは先頭にスペース4つorタブ1つをいれます。
    また、前後に1行以上の改行が必要です。

  • Another item in the same list.

リンクを挿入する

This is [タイトル](http://example.com/) inline link.

   

This is タイトル inline link.


また、以下の用にすればリンクを一カ所でまとめて管理できるので見やすくなります。
12の前に便宜上空白が入っていますが、本来は必要ありません。)

This is [Google][1] .
This is [Yahoo][2] .
 [1]: http://www.google.com/
 [2]: http://yahoo.co.jp/

    

This is Google .
This is Yahoo .

エスケープ

\をmarkdownの前におくことでエスケープできるらしいです。
複数行にわたるエスケープをしたい場合は対象の文章を<pre>タグで囲めばエスケープできます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした