LiveCoding
haskell,
TidalCycles

TidalCyclesのインストール2018年版

パッケージ管理システムを利用したTidalCyclesのインストール

TidalCyclesを使用するには、

  • Haskell
  • SuperCollider
  • SuperDirt
  • Git

など一連のアプリケーションを事前にインストールする必要があります。本家のチュートリアルでは一つずつ手動でインストールする方法が紹介されています。

しかし、Homebrew(Mac)やChocolatey(Win)といったパッケージ管理システムを活用したより簡単なインストール方法が利用できます。ここでは、こうしたパッケージ管理システムを活用したインストールの手順を紹介します。

Mac

Mac (macOS) へのインストールは、Tidal-bootstrapを使用すると便利です。以下の説明では、Tidal Bootstrapを使用して環境一式をインストールしています。

1. Homebrewのインストール

HomebrewはmacOS用のパッケージング管理ツールです。様々なオープンソースのアプリケーションや開発環境を簡単にインストールするための仕組みです。

アプリケーション > ユーテリティー の中にある「ターミナル」を起動します。

ターミナルに以下のコマンドを入力します。

which brew

エンターキーを押した後に、

/usr/local/bin/brew

という表示が戻ってくる場合は既にHomebrewがインストールされていますので、手順2に進みます。もし何も表示されない場合は以下のコマンドをターミナルにコピー&ペーストして実行しいます。Homebrewをインストールされます。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

パスワードを聞いてきますので、使用しているアカウントのパスワードを入力してインストールを完了します。

2. Tidal Bootstrapのダウンロードとインストール

Tidal Bootstrap のページのヘッダーにある「Download .zip」ボタンを押してファイル一式をZipでダウンロードして保存します。Zipファイルを展開してファイルを表示します。

フォルダの中にある「tidal-bootstrap.command」をダブルクリックして起動します。

すると、一連のインストールが自動的に開始します。

y/n (or press Enter to accept)

と出てきた時には「y」キーを押してEnterします。またパスワードを聞かれたら、パスワードを入力します。

この処理はかなりの時間がかかります。気長に待ちましょう…

[Process Completed]

と表示されたら完了です!

3. SuperDirtのインストール

先程ダウンロードしたTidal Bootstrapのファイル一式の中にある「install-superdirt-quark.scd」をダブルクリックします。するとSuperColliderが起動して以下のファイルが表示されます。

// Place your cursor on the line below and press Shift-Enter
include("SuperDirt")

カーソルを2行目の「include("SuperDirt")」の行に移動して、Shift + Enterキーを入力します。するとSuperDirtのインストールが開始します。この処理もかなり時間がかかります。気長に待ちましょう…

左側のコンソールに

-> SuperDirt

と表示されたら完了です。一度SuperColliderを終了して再起動してください。

4. SuperDirtの起動

SuperColliderで新規ファイルを開いて、以下のコマンドを入力します。

SuperDirt.start

サーバーが起動して、以下の表示が出れば無事起動しています。

SuperDirt: listening to Tidal on port 57120

5. Atomの起動、動作テスト

アプリケーションに「Atom」がインストールされているはずです。

Atomを起動して新規にファイルを作成し、「.tidal」という拡張子で保存します。(test.tidal など)

Atomのエディタ内に以下のコマンドを入力します。

d1 $sound "bd cp"

メニューから、Package > TidalCycles > Boot TidalCycles

を選択します。エディターの下に

GHCi, version 8.2.2: http://www.haskell.org/ghc/ :? for help
Prelude> Prelude> tidal> tidal>

と表示されます。ここで、入力した行の後ろにカーソルを移動して Shift + Enterキーを入力します。リズムが聞こえたら完了です!!

Windows

Windowsへのインストールは、Tidal Chocolatelyを利用します。

1. Chocolateyのインストール

ChocolateyはWindows用のパッケージング管理ツールです。様々なオープンソースのアプリケーションや開発環境を簡単にインストールするための仕組みです。

まず、AdminとしてWindows Power Shellを起動します。Windowsのスタートメニューを右クリックして、Windows PowerShell (Admin) を選択して、管理者としてPowerShellを起動します。

まず以下のコマンドで実行ポリシーを変更します。

Set-ExecutionPolicy AllSigned

次に、以下のコマンドをコピー&ペーストしてChocolateyをインストールします。

Set-ExecutionPolicy Bypass -Scope Process -Force; iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))

PowerShellに以下のコマンドを入力してインストールを確認します。

choco

以下のような表示が返ってきたらChocolateyのインストールは完了です。

Chocolatey v0.10.8
Please run 'choco -?' or 'choco <command /> -?' for help menu.

2. Tidal Chocolateyのインストール

PowerShellに以下のコマンドを入力します。

choco install tidalcycles

自動的に一連のアプリケーションのインストールが開始します。Yes/Noの入力を要求された時は「y」キーを押してEnterキーを押してください。またパスワードを聞かれたらパスワードを入力してEnterします。

この処理は膨大な時間がかかります。ゆっくり気長に待ちましょう… コマンドプロンプトが戻ってきたら完了です。

3. SuperColliderの起動

SuperColliderがインストールされているはずです。スタートメニューか検索を利用してSuperColliderを探して起動します。

4. SuperDirtの起動

SuperColliderで新規ファイルを開いて、以下のコマンドを入力します。

SuperDirt.start

サーバーが起動して、以下の表示が出れば無事起動しています。

SuperDirt: listening to Tidal on port 57120

5. Atomの起動、動作テスト

「Atom」がインストールされているはずです。

「スタート」メニュー、もしくは検索を利用してAtomを起動して新規にファイルを作成し、「.tidal」という拡張子で保存します。(test.tidal など)

Atomのエディタ内に以下のコマンドを入力します。

d1 $sound "bd cp"

メニューから、Package > TidalCycles > Boot TidalCycles

を選択します。エディターの下に

GHCi, version 8.2.2: http://www.haskell.org/ghc/ :? for help
Prelude> Prelude> tidal> tidal>

と表示されます。ここで、入力した行の後ろにカーソルを移動して Shift + Enterキーを入力します。リズムが聞こえたら完了です!!