search
LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Git初学者のためのメモ

はじめに

gitは以前から使用していましたが、なんとなく add → commit → push を使っているだけでした。そこで体系化されたもので学習しようと思い、「GitHub実践入門」でgitの基礎を学んだので、Markdownの練習とgitの自分用のメモとしてこの記事に残しておきます。
今後も追記していく予定です。

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革~

GitHub実践入門

git概念図

以下の図が私にとっては、一番しっくりくる概念図となっています。

  • Working Directory : 全てのファイルはここに属しています。
  • Staging index : 変更を加えたファイルをgit addするとこのエリアになります。
  • Local Repository : コミットすると履歴といして管理できます。
  • Remote Repository : pushによってローカルリポジトリの内容を反映します。

git概念図

git add : stage領域へ置き、gitの管理対象下とする
git commit : Localリポジトリへ履歴を残す

Fork と Pull Requestの関係

Forkのワークフロー
引用元:Qiita

HEADとは

HEADがブランチを指すことで自分が現在いるブランチがどれか確認できる仕組みになっています

つまり
コミットの場所を記憶しているのがブランチ、ブランチの場所を記憶しているのがHEAD
です。ポインタのポインタとなる。

引用元Qiita
Qiita

よく使うコマンド

コマンド 意味
git log リポジトリにコミットされたログを確認する
git diff 今回のコミットが前回のコミットとどのような差分があるのか確認(git commit する前にやる癖をつける)
git checkout -b
git checkout -
ブランチを作成し、切り替え
一つ前のブランチへ切り替え
git merge --no-ff マージするブランチ名 マージコミットのメッセージを記入する
git log --graph ブランチを視覚的に確認
git commit -am "commit massege" git add + git commit
git commit --amend 直前のコミットメッセージを修正 
git reset --hard コミットハッシュ 指定したハッシュ値のコミットに戻る(歴史を自在に行き来できる)
git reflog 現在のリポジトリで行われた作業のログを全て確認できる
git remote add origin リポジトリURL リモートリポジトリを登録
git push origin リモートブランチ リモートリポジトリにローカルに存在するブランチを作成しpush

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0