Ubuntu
tmux
fish
docker
docker-compose

UbuntuにDocker, Docker Compose, tmux, fishをインストールして最低限の環境を構築する

[170927-1528] 執筆

個人的な備忘録です。EvernoteやらSimplenoteやらBearやらメモが散逸してしまったので、今後ちょっとしたスニペットなどはこちらにまとめようと思います。
完全に自分向けの資料ですが、アドバイスなどありましたらぜひご指摘いただけると嬉しいです。

なお本記事はConohaのUbuntuイメージで作成したマシンを想定してします。

Ubuntuパッケージを最新に

apt-get -y upgrade && apt-get update

Docker CEをインストール

参考 : https://docs.docker.com/engine/installation/linux/docker-ce/ubuntu/

CEはCommunity Editionの略、普通はこちらをインストールするかと思います。

まずは下準備。

apt-get install -y linux-image-extra-$(uname -r) linux-image-extra-virtual apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common
curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | apt-key add -
apt-key fingerprint 0EBFCD88
add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"

なお上記の最終行にある[arch=amd64]はアーキテクチャによって内容を変える必要があるそうです。dpkg --print-architectureコマンドで確認できるっぽい。
参考 : http://d.hatena.ne.jp/rx7/20120105/p1

いよいよインストール。

apt-get update && apt-get install -y docker-ce

Dockerについては以上。docker --versionで確認。

Docker Composeをインストール

参考 : https://docs.docker.com/compose/install/

便利。Dockerはコマンドが長いので、単純にタイプミスを減らすのにも役立ちます。

curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.16.1/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` -o /usr/local/bin/docker-compose
chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

もちろん上記のバージョンは変わりますので、適宜 https://github.com/docker/compose/releases より最新のURLを確認しましょう。

Docker Composeについては以上。docker-compose --versionで確認。

あとdocker-composeと毎回タイプするのは面倒なので、alias fig='docker-compose'コマンドで短縮 (figdocker-composeの旧名)。
参考 : https://qiita.com/aild_arch_bfmv/items/d47caf37b79e855af95f

tmuxをインストール

便利。tmuxtmux -aさえ覚えておけばsshが切れてもセッションを再開できる。

なおきちんと最新版を入れるのであればソースをgitしてmakeする必要がある。
参考 : https://qiita.com/koara-local/items/7e8391b837fb6f834cb9

が、面倒なのでaptでインストールする。

apt-get install -y tmux

fishをインストール

参考 : https://launchpad.net/~fish-shell/+archive/ubuntu/release-2

便利。何も設定しなくても最低限のコマンド補完と色付けを行ってくれる。

apt-add-repository ppa:fish-shell/release-2
apt-get update
apt-get install -y fish

fishをデフォルトのシェルに設定。

chsh -s /usr/bin/fish

なおfishのパスはwhich fishで確認。
chsh: PAM: Authentication failureとエラーが出る場合は以下のファイルの記述を一時的にコメントアウトする。

/etc/pam.d/chsh
# auth       required   pam_shells.so

またfishの設定ファイルはデフォルトで作成されないので以下のように作っておく。ここでdocker-composeのエイリアスをfishにも設定。

~/.config/fish/config.fish
alias fig='docker-compose'

これでセッションを開き直してWelcome to fish, the friendly interactive shellが表示され、fig --versionコマンドが通れば万事オーケー。
作業する際はtmuxコマンドを打って、接続が切れた時はtmux -aで再開。

運用方法・参考資料

(自分向けの) 運用方法や各種コマンドのアンチョコなどは追い追い書き足します。