Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
20
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@yoheia

よく使う strace のオプション

More than 3 years have passed since last update.

Linux で strace を使ってシステムコールのトレースを調べる時によく使うオプションをメモ。

システムコールを詳細に追う

  • tt: 行頭にタイムスタンプをマイクロ秒単位で出力
  • T: 行末にシステムコール内での所要時間を出力
  • ff: 子プロセスのシステムコールもトレースし、-o との併用でプロセス(スレッド)毎に別ファイルに出力
  • o: 指定したファイルに出力。-ff と併用すると、ファイルパス. に出力
  • s: 出力文字数を指定。I/Oサイズが1MBなど大きい場合で、読書きした内容を確認したい場合は、大きくする。
  • p: プロセスIDを指定。
$ strace -Ttt -ff -s 1500000 -o <ログ出力先ファイル名> -p <PID>
もしくは
$ strace -Ttt -ff -s 1500000 -o <ログ出力先ファイル名> <コマンド>

同じプロセスが生きている間に /proc/[pid]/fd でファイルディスクリプタ番号とファイルパスの対応を確認しておくと、strace で read(17, ... などと出力されている場合に、17 のファイルパスかわかります。

$ ls -l /proc/[pid]/fd

システムコールの種類別に集計(時間・回数)する

$ strace -fc -o <ログ出力先ファイル名> -p <PID>
もしくは
$ strace -fc -o <ログ出力先ファイル名> <コマンド>

コマンドの実行例などは ablog 参照

20
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
yoheia
ここでの投稿は個人のものであって所属する企業や団体の見解を示すものではありません。
aws-professional-services
AWSプロフェッショナルサービスは、お客様がクラウドのイノベーティブな活用によりビジネス価値を生み出すことを支援し、加速させるための有償のコンサルティングチームです。Twitterで情報発信しています。https://twitter.com/awscloud_jp

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
20
Help us understand the problem. What is going on with this article?