#初心者
#windows
#初めて
#WSL
#VSCode

Windows10でWSLとVSCodeを使ってプログラミング環境を整える

プログラミングほとんどしたことがないか、Windowsでの開発環境を整えたことがない人向け。
新入生にプログラミング環境を作ってもらうために書きました。
私はよくガバをするので突っ込み待ってます。

Linuxをインストールする

Windowsの場合プログラムをコンパイラを導入する方法は、主に2通りある。
一つ目は、コンパイラのインストーラをインストールした後インストールする方法だ。  
わざわざWebで検索する必要がある上に、インストールが二度手間である。
Linuxの使い方が分からない方は自分で検索してください。
 
二つ目はWindows Subsystem for Linuxを利用する方法である。
簡単に言うと、WindowsにLinuxが入れられるというもので、Microsoft Storeから好きなOSをダウンロードできる。
Linuxを使って、Windows上のファイルを触ることができるのでちょっと便利。

Linuxとは

Microsoft Store 2018_04_04 19_41_38.png

  
  
手順としては、Microsoft Storeで好きなOS(2018/5/27現在は上の5種類+Ubuntu18.04から選べる)を検索してインストール。
archはこうやって入れられるそう(僕はダウンロードしたファイルが死んでいて出来なかった。)

ここでは、Ubuntuの画像ですがUbuntu18.04などでも同じです。
(ただし、Ubutnu18.04 の場合、apt uograde ができないなどの減少が見られたので、Ubuntu 18.04 on WSL で ebtable のアップデートがエラーになる備忘録 こちらのコマンドを実行した方がよさそうです。)

Microsoft Store 2018_01_28 16_28_06.png

初めて立ち上げると、ユーザ名とパスワードの設定を2回聞かれるので2回とも同じものを入力すると設定終了。
  
  
万が一、インストールできなければ、「コントロールパネル」を立ち上げて、「プログラム」の中にある「プログラムと機能」を開いて、「Windowsの機能の有効化または無効化」を開く。  
真ん中より下の方に「Windows Subsystem for Linux」という項目があるのでそこにチェックが入っているかを見る。

スクリーンショット (100).png

あとは、
sudo apt update
とうってから
sudo apt upgrade
とうってアップデートしておく。
一応C言語、C++を使うと思うので、

sudo apt install gcc
とうってから、
sudo apt install g++
と叩けばコンパイラのインストールも終わり。

上級者向け

ターミナルの見た目がちょっと殺風景である。
それに、起動時のデフォルトが/home/~なのでWindowsのファイル(/mnt/cがcドライブ)を扱いにくい。

なので、デフォルトを変えたい場合は、ConEmuがある。

ConEmu

また、ubuntuのターミナルをそのまま動かしたい場合は
お前らのWSLはそれじゃダメだ
これのようにすると、Linuxのターミナルが使える。(Ubuntu 18.04でも実行できましたが、Windows側のショートカット用シェルがうまく実行できなくなっていました)

とりあえず、WindowsのファイルをLinuxのものでいじれるようになりました。

エディター

エディターは一番宗教戦争になりやすいですが、私は普段VSCodeを使っているのでVSCodeで進めていきたいと思います。
難しい設定をしなくとも便利に使えるので初心者に向いてたりするとおもう。 

VSCodeのインストール 

VSCodeは大体のOSで使えるので似たような設定になるかと思います。

VSCode
ここからインストール。
特に難しいことはなかったはず・・・。

起動するターミナルの設定

次に、VSCodeではCtrl+@でターミナルが起動できるのだが、初期設定ではWSLではなくPowerShellになっているので切り替える。
左上のファイル>基本設定>設定 とクリックしていくとユーザー設定が出てくる。

スクリーンショット (101).png

上部の検索バーで
terminal.integrated.shell.windows
と検索すると

settings.json - Visual Studio Code 2018_05_27 22_02_24.png

このような感じになると思う。
terminal.integrated.shell.windowsの部分にカーソルを合わせると、ペンのマークが出てくると思うのでそれをクリック。
右のタブに移ると思うので、
"terminal.integrated.shell.windows": "C:\\WINDOWS\\System32\\bash.exe"
というように書くとLinuxを起動させるようになる。

デフォルトシェルを変更したい

上記のように書くと、VSCodeでは強制的にbashが起動されるので、fishやzshを使用したい場合は

https://yokanyukari.hatenablog.com/entry/2018/07/03/101356

で、ubuntuそのものを起動するようにすれば、デフォルトシェルが動くようになる。
ただし、カレントディレクトリで開かなくなるので注意。

  

拡張機能

次に保管などができるようになる拡張機能を入れていく。プログラミングがしやすくなるので入れるべき。
VSCodeの左端の列にある拡張機能を押す。

settings.json - Visual Studio Code 2018_05_27 22_04_59.png

こんな感じになると思うので、上の検索部で入れたい拡張機能を検索できる。
「C」など自分の使う言語を検索すると大体出てくるので大体一番上に出てくるものをインストールするといいです。

僕のおすすめの拡張はzenkakuというやつで、間違えて全角の空白を入れても強調表示してくれる拡張である。

VSCodeのショートカットキー

https://qiita.com/TakahiRoyte/items/cdab6fca64da386a690b

Ctrl+sで上書き保存とか、Ctrl+hで文字の差し替えとかCtrl+@でターミナル起動ぐらいは覚えると便利