Network
vlan
Windows10
realtek

Windows10 のノートPC で VLAN を設定してみる(NIC:Realtek)

More than 1 year has passed since last update.

Qiita で書くとGoogleさんのインデックス的には今一だなと思いつつ Qiitaで書いてます(多分はてなブックマークみたいな機能がないからだと思います)。

会社のサーバーを社内ネットワークに繋ごうとスイッチのポートをVLAN設定してもらったのですが、どうにもつながりません。これは、VLAN辺りが怪しいとにらんでテストするときにノートPCにVLANを設定したときの記録です。


1. VLAN設定した状況

スイッチのポートに4つのタグVLANを切ってもらった。

1つのVLANは、ポートに untagでタグ無しパケットが来た場合はタグをつけてもらう。

残り3つはタグつきでパケットを出すのでタギングは無し。

まずタグなしでIPアドレスを設定したがつながらない。

恐らくuntag がポートに対して設定されていないのだろうけどそうじゃないかも。

ノートPCでタグ付きパケットを流してみてつながるか確認してみる。


2. 設定した機種情報

機種:ちょっと昔のVAIO

NIC:Realtek(8168ECだと思われる)

OS:Windows 10 Professional


3. 参考サイト

Realtek の NIC で VLAN を処理する

http://blog.techlab-xe.net/archives/2691


4. インストール


1. Windows Diagnostic Programのダウンロード

RealtekのサイトからWindows Diagnostic Program for Win10

をダウンロードする。

Realtek

http://www.realtek.com.tw/downloads/downloadsView.aspx?Langid=4&PNid=13&PFid=5&Level=5&Conn=4&DownTypeID=3&GetDown=false

今時100MbpsのNICってこともないと思うので上記のURLで大丈夫でしょう。

Windows Diagnostic Program for Win10をダウンロード

0001-DiagnosticAllin1(2.0.2.11)_20150820_Win10Only.zip

なんてのがダウンロードされる


2. 展開

0001-DiagnosticAllin1(2.0.2.11)_20150820_Win10Only.zip

をなにかアーカイバで展開

DiagnosticAllin1(2.0.2.11)_20150820_General_Win10Only

なんてフォルダができる。


3. セットアップ実行

EXE_Diagnostic ディレクトリにある setup.exe を実行する。

途中 Windows 8用です。とかメッセージが出るが気にしない。


5. VLAN設定


1. 初期状態

Image.png

まだVLAN用仮想NICは追加されていない。


2. Realteck Ethernet Diagnostic Utility を起動

スタートメニューから起動

Image.png


3. 起動後画面

起動後画面です。

仮想NICが一杯ついているのは気にしないでください。

Image.png


4. VLAN設定画面を開く

物理NICをクリックして、VLANをクリックするとVLAN設定画面が出る。

Image.png


5. VLANを追加

Image.png

追加ボタンを押してVLAN IDのところに追加したい VLAN-ID を入力

VLAN ID からフォーカスが外れると自動的にダイアログが出る。「はい」を選択

Image.png

しばし待つ


6. VLANが追加された状態

Image.png

「イーサーネット 3」が追加されている。


7. 確認

「イーサーネット 3」が仮想NICとして追加されている。

Image.png


6. 後は通常通りのIP設定を行う。