Help us understand the problem. What is going on with this article?

コンテナ・オーケストレーションで使うストレージをAIで使うには?

毎度、ググっても出てこない小ネタを取り扱っております。
本記事は個人的な見解であり、筆者の所属するいかなる団体にも関係ございません。

0. 某所で以下の発表をしたのですが、資料をアップしていなかったので省略版をQiitaに書いておきます。

image.png

1. お題

AIでコンテナ&コンテナでストレージ

1-1. コンテナとAIとGPUの関係

image.png

1-2. コンテナとストレージの関係

image.png

2. よくある開発風景

image.png

3. コンテナだと....。

image.png

4. しかし、困ったことが

image.png

5. ダメじゃん

image.png

6. KubernetesにCSI(※)が追加された

Kubernetesから外部ストレージを管理するインターフェース(規格)としてCSI(※Container Storage Interface)が規定されました(2018/12)

image.png

7. CSIは何か?

  • コンテナ(正確にはPod)から外部ストレージを切り出してマウントできるようにするプラグインの規格
  • この規格に沿ったプロビジョナーと言われるストレージを管理するプラグインを書けば、外部のストレージをPodにマウントすることができるようになる

image.png

8. これができるようになると何が出来るか?

  • コンテナ内の領域にデータをダウンロードして演算が可能になりました
  • コンテナ領域を外部のストレージに用意することをプロビジョニングといいます。

image.png

9. CSIで実現されるストレージ接続機構

image.png

10. Kubernetesに使われるプロビジョナー

10-1. NetAppさんのストレージのプロビジョナー

  • NetAppさんのKubernetes接続ストレージは以下の2つ
    • SolidFire
    • FAS
  • 上記に接続できるプロビジョナー
    • Trident

image.png

10-2. DELL/EMCさんのプロビジョナー

  • DELL/EMCさんのKubernetes接続ストレージは以下の2つ
    • VxFlex OS
  • 上記に接続できるプロビジョナー

image.png

10-3. IBMさんのストレージのプロビジョナー

  • IBMさんのKubernetes接続ストレージ
    • IBM block storage
    • IBM Spectrum Scale
  • 上記に接続できるプロビジョナー
    • ubiquity-k8s-provisioner

image.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした