MacOSX
homebrew
Jupyter

macOSにhomebrewでjupyter notebookをインストール

目的

  • macOS上にHomebrewでjupyter notebookをインストールする
  • Anacondaなど別のパッケージは用いず、極力Homebrew(およびHomebrewのPython, pip)のみで環境を構築する。(この記事は、私が担当する大学の授業で学生が利用するためのインストールを想定しているため、大学の教室にあるMacになるべく近い環境を構築することを優先しています)

手順

Xcodeのコマンドラインツールをインストール

  • ターミナルで以下のコマンドを実行する。
$ xcode-select —install

Homebrewをインストール

  • ターミナルで以下のコマンドを実行する。
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Pythonをインストール

  • ターミナルで以下のコマンドを実行する。
$ brew install python@2
  • 2018年3月より、brew install python でインストールされるPythonがPython3になりましたが、ここではPython2をインストール。/usr/local/bin/python はPython2を指します。

### インストールしたPythonを使えるようにする

- 2017-10-07時点のHomebrewのPythonは、/usr/local/bin/pythonや、/usr/local/bin/pipを作らないので、HomebrewでインストールしたPythonを自動的に普段使いするようにするには設定が必要。
- インストールしたPythonをシステムに認識させる(PATHを通す)ために、設定ファイルを作成する。
- エディタ(emacs)で設定ファイルを編集する(他に使い慣れたエディタがあれば、そちらを利用した方がよいでしょう)。


$ emacs ~/.bash_profile

- 設定ファイル~/.bash_profileが既に存在していれば、そのファイルが開かれて現在の内容が表示される。
- 存在しなければ新しいファイルが開かれる。
- ファイルの末尾に、以下の1行をコピペする。


export PATH="/usr/local/opt/python/libexec/bin:$PATH"

- 書き込んだら、controlキーを押したまま、xsの順にキーを押す。この操作で、ファイルが保存される。
- 次にcontrolキーを押したまま、xcの順にキーを押す。この操作で、emacsが終了する。
- ターミナルで以下のコマンドを実行する。


$ source ~/.bash_profile

- ターミナルで $ which python と実行して以下のように返ってくればOK


/usr/local/opt/python/libexec/bin/python

必要なPythonのパッケージをインストール

  • PythonとともにインストールされたPythonのパッケージマネージャー pip を使って、必要なパッケージをインストールする。
  • まず、pip 自身を最新版にアップデートする。
$ pip install --upgrade setuptools
$ pip install --upgrade pip
  • 次に、グラフを描くために必要な matplotlib、および jupyter を含むパッケージ ipython をインストールする。
    • この2つのパッケージを利用するために必要なパッケージも自動的にインストールされる。
    • python インストールのコマンドは [all] も忘れずに入力すること。
$ pip install matplotlib scipy sympy ipython[all]
  • ターミナルで $ ipython と実行して、command not found などのエラーメッセージがでるようなら、もう一度、以下のコマンドを実行する。
    • ipython が起動してコマンドプロンプト(In [1]:)が表示された場合には、下のコマンドは実行せず、次項に進む。ipython を終了するには、プロンプトに exit と入力してリターンキーを押せばよい。
$ pip install ipython[all]
  • ターミナルで $ jupyter notebook と実行してwebブラウザでノートブックが開ければインストール完了。