Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mackerel(マカレル)を使って自分のMacを監視して、アラートが発生したらslackに通知させてみる

More than 3 years have passed since last update.

最近はやりのMackerelを使って、自分のMacを監視してみます。(特にディスクの使用率は役立つかも・・・)
そして、監視設定を入れてMacに問題が発生すると、slackに通知させます。

その前に簡単にMackerelの説明をします。

Mackerelとは

エージェント常駐型のサーバ監視ツールです。
ホストのリソース状況などをグラフに可視化し、障害発生時には自動でアラートが記録されます。
作成されたアラートは、

などと言った外部ツールと連携させ、通知することができます(連携も超かんたん!)

APIも用意されており、chat opsが捗りそうです。
また、オリジナルのプラグインも自身で作成することができます。

料金は無料!

以下のプラン体系が用意されています。
Macを監視するなら、無料枠(Trial, Free)で十分!

スクリーンショット 2016-08-05 10.39.24.png

監視するまでにやること(目安: 3分)

  • Mackerelにアクセスして、アカウント登録をしましょう。
    スクリーンショット 2016-08-05 10.37.44.png

  • 次にオーガニゼーションの登録します
    スクリーンショット 2016-08-05 10.54.45.png

  • 最後にプラン選択をします(ここでは、Trialプランを選びましょう!)
    スクリーンショット 2016-08-05 10.54.59.png

  • この画面が表示されたら一旦終わりです。
    スクリーンショット 2016-08-05 10.55.23.png

MacにMackerelの導入!(目安: 5分)

brewからMackerelをインストールする

brewからMackerelをインストール
$ brew tap mackerelio/mackerel-agent
$ brew install mackerel-agent

API KEYの設定をします。

自分のオーガニゼーションのAPI KEYを確認しましょう。

  • 画面右上から[アカウント設定]をクリック
    スクリーンショット 2016-08-05 11.13.03.png

  • メニューからオーガニゼーションを選び、[設定]をクリックします
    スクリーンショット 2016-08-05 11.13.29.png

  • タブから[APIキー]を選び、矢印で指しているボタンをクリックします

    • 自動でクリップボードにコピーされます。 スクリーンショット 2016-08-05 11.13.41.png
  • <API-KEY>を、先ほどコピーしたAPI KEYに書き換えてコマンドを実行しましょう。

設定ファイルにAPI-KEYを追加する
$ echo 'apikey="<API-KEY>"' >> /usr/local/etc/mackerel-agent.conf

LaunchAgentsに登録・起動する

  • LaunchAgents とはログインしたユーザの権限で起動時にプログラムを実行するための機能です。
    • launchctlコマンドは、daemonやagentを管理することができます。
LaunchAgentsに登録・起動
# LaunchAgentsにシンボリックリンクを張る
$ ln -sfv /usr/local/opt/mackerel-agent/*.plist ~/Library/LaunchAgents

# 設定ファイルを読み込む
$ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mackerel-agent.plist

# jobを開始
$ launchctl start homebrew.mxcl.mackerel-agent

これでmacを起動するたびに、mackerel-agentが自動で起動します。

導入後の確認

  • [Hosts]をクリックします。そして、ホストが追加されていることがわかります。
    スクリーンショット 2016-08-05 11.33.12.png

  • 次に、ホスト名をクリックして、データが取れているか確認します(反映までに10分くらいかかります

    • 正常にグラフが取れるとこんな感じにグラフが描画されます。 スクリーンショット 2016-08-05 11.33.32.png

監視ルールを入れる(目安: 3分)

  • [Monitors]をクリックします
  • 監視ルールには、connectivityがデフォルトで入っています。

では、新しく監視ルールを追加してみましょう。右上の[監視ルールを追加]をクリックします。
スクリーンショット 2016-08-05 11.40.12.png

手始めに、CPUに関する監視ルールを作成してみます。

  • 監視対象のメトリックから「CPU %」を選択します。
  • アラートの発生条件を入力します。
  • 最後に[作成]を押して完了です! スクリーンショット 2016-08-05 11.44.49.png

slackに通知させてみよう(目安: 5分)

設定

  • [Monitors]をクリックします
  • [チャンネル設定]をクリックします スクリーンショット 2016-08-05 11.50.55.png

次に、[通知グループ/通知チャンネルを追加]をクリックします。
スクリーンショット 2016-08-05 11.52.35.png

一覧からSlackを選択し、必要な情報を入力します

スクリーンショット 2016-08-05 12.01.26.png

  • 最後に、[作成]をクリックして完了です!

アラートが起きると・・・slackに通知がきます。

スクリーンショット 2016-08-05 13.23.57.png

まとめ

最近はやりのMackerelをMacに入れて監視する設定を入れました。
無料で試せるので、ぜひ皆さんも遊んでみましょう〜

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした