Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
11
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 1 year has passed since last update.

@ymmtr6

Linux(Ubuntu)のルート直下のディレクトリの役割について調べた

UbuntuやMacOSのルートディレクトリ直下に存在するファイルは短縮形で書かれていて,読み方や役割を正確に把握していなかったので,調べてまとめる.

ちなみに実際のルートをtreeコマンドで表示するとこんな感じ(Ubuntu 14).

$ tree -L 1 /
.
├── bin
├── boot
├── build
├── dev
├── etc
├── home
├── lib
├── lib64
├── lost+found
├── media
├── mnt
├── opt
├── proc
├── root
├── run
├── selinux
├── sbin
├── srv
├── sys
├── tmp
├── usr
├── var

/bin

読み: ビン (スラ・ビン)
コンピューター全員で用いる基本的なバイナリファイル(実行ファイル)を格納するディレクトリ.binはBinary Codeのこと.OSの働きの根幹に関わるような役割をもつコマンドが入っている.(ユーザが新たにインストールすることは,推奨されていない)

類似のディレクトリに,/usr/bin, /usr/sbin/などがある.前者はユーザが一般的に使用するコマンド(git, vim, emacs, etc),後者はシステム管理コマンドを保存する.

ログインしているユーザに依存するプログラムやツールを作った時は,~/bin($HOME/bin)に置くことが推奨される.

ちなみに,cdpwdコマンドは,内部コマンドと呼ばれるシェルの機能として提供されている.

/var

読み: ヴァー
常に変化するファイルを格納するディレクリ./var/log/var/spoolなど,各種システムログファイルや,プリンターやメールシステムのスプールデータ,キャッシュデータなどが保存される.意味的には/tmpと同じだが,こちらは再起動しても消去されずに残り続ける.

/lib

読み:リブ
/bin/sbinのコマンドの実行に必要なファイルが配置されている.共有ライブラリの保存場所.64bit用の共有ファイルは/lib64というディレクトリにある.

/lost+found

読み: ロストファウンド
オプション,システムのバックアップや復元用のファイルが格納される.意図しない再起動やシャットダウン時に利用される.

/boot

読み: ブート
ブートに必要なファイルが格納されている.

/home

読み: ホーム
オプション.ユーザのホームディレクトリ

/proc

読み: プロック
プロセスIDのついたディレクトリが配置される.プロセス独自の情報を格納することからプロセスディレクトリと呼ばれる.psコマンドなど.

/root

読み:
オプション.root用ホームディレクトリ

/sbin

読み: エスビン
再起動やファイルシステムの操作などシステム管理者用のコマンドが配置されている.

/tmp

読み: テンプ
テンポラリデータの保存場所.メモリ上の一時ファイルを保存する.再起動時に消去される.

/usr

読み: ユーザー
各ユーザが共通して利用するプログラム,ライブラリのデータを保存する.ソースからコンパイルしたソフトなど.重要.

/mnt

読み:
一時的なマウントポイント

/opt

読み: オプト
パッケージ管理システムのインストール先.複数のユーザで利用する場合に使う?

/etc

読み: エトセ
ほとんどの設定ファイルが配置されている.カーネルから追加された各ソフトまでさまざなま設定ファイルが配置されているため,ファイル数が膨大.

/dev

読み: デブ
デバイスファイルが配置されている.デバイス/ハードウェアをファイルとして扱うUNIXの思想設計からきている??

感想

思ったより読みが直球で安心した.

参考にしたページ

11
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
11
Help us understand the problem. What is going on with this article?