Ubuntu
tmux
ubuntu16.04

Ubuntu 16.04 での 最新 tmux 導入手順

はじめに

tmux 2.4 から 後方非互換のコマンドオプションが入り、Ubuntuのデフォルトのパッケージリポジトリのtmuxが古いことにより、tmuxの実行時に usage: send-keys [-lRM] [-t target-pane] key ... というwarningが実行時に出るようになったため、最新のtmuxのビルドを使用することでこの問題に解決した。

ここではその時に行ったtmuxのビルドと設定方法について記述する

最新の tmux のビルド・設定方法

tmux は github上で開発が行われているため、masterのブランチをビルドして適当なbinディレクトリに配置するだけで良い。

Ubuntu 16.04 では、build-essentials と automakeが必要になる。

srcコードは $HOME/src/tmux で管理し、 バイナリは $HOME/bin/tmux に配置する。

以上を踏まえると、以下のコマンドを実行することで、tmuxのビルドと設定ができる。

sudo apt update 
sudo apt install -y build-essential automake libevent-dev ncurses-dev
mkdir -p $HOME/src
mkdir -p $HOME/bin
cd $HOME/src && git clone git@github.com:tmux/tmux.git
cd $HOME/src/tmux && sh autogen.sh && ./configure && make 
cp $HOME/src/tmux/tmux $HOME/bin/
echo 'export PATH=$HOME/bin:$PATH' >> $HOME/.bashrc
source $HOME/.bashrc