Help us understand the problem. What is going on with this article?

【AWS】用語を整理しながら学ぶAWS - part2

【AWS】用語を整理しながら学ぶAWS - part2

by ymd65536
1 / 12

はじめに

この記事では
AWSのあんなことやこんなことについて
まとめた記事です。
ベストプラクティスや間違いがあれば
書き直していく予定です。
今回はAmazonEC2とそれを扱う上で重要な用語について整理してみました。

参考図書:さわって学ぶクラウドインフラAmazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築


Amazon EC2とは

Amazon ECS(Amazon Elastic Container Service)で動作する
インスタンスのこと

AmazonEC2開発者ガイドより

単にEC2インスタンス呼ぶことが多い。


実態はDocker

Amazon EC2という名前ですが
実際に用いられている技術はDockerです。


仮想サーバを作成するとき

Amazon EC2を使えばAWS上に
Amazon Linux 2の仮想サーバを作成できる。

何がすごいってブラウザから
AWSマネジメントコンソールを開いて
ポチポチすれば数秒で仮想サーバを構築できるというところ


AmazonL Linux 2とは

Red Hat Enterprise Linux 7(RHEL7)をベースとした
Amazon Web Services用のLinux OSのこと

使われているDBは「MariaDB」


実際にOSを使うときは

AmazonL Linux 2 Amazon Machine Imageを
EC2インスタンス作成時に選択する。

(以下、AmazonL Linux 2 AMI)


課金

EC2インスタンスの課金タイミングは
インスタンスを「running」にしているとき

※ただし、Amazon EBS(Amazon Elastic Block Store)は容量を確保しているとき


注意事項

AmazonL Linux 2 AMIをベースにして
EC2インスタンスで作成すると
Amazon EBSが消費される。(課金される)


Amazon EBS

AWS上で確保できるハードディスクのこと
Amazon EBS(Amazon Elastic Block Store)と呼ぶ。


まとめ

・AWS上でサーバを建てるときはEC2インスタンスを用いる。
・インスタンスを「running」にすると課金が始まる。
・EC2インスタンスを作成するとAmazon EBSが消費される。
・EBSは容量を確保すると課金が始まる。


おわり

ymd65536
ガンダムとITは16歳から/仕事は業務効率化/Python3認定技術者/PHP7認定技術者/VBAエキスパート/技術系管理職/出身は北海道釧路市/育ちは神奈川/都内で働くエンジニア
https://note.mu/yamada999
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした