Edited at

Vue-test-utilsのpropsDataの基本的な使い方

More than 1 year has passed since last update.


Vue-test-utilsのpropsDataの基本的な使い方

最新版はこちらで、Vue.jsのテストの書き方についてのハンドブックを公開させてもらっています。

この記事を読むと


  • テスト時にコンポーネントをwrapするときの引数の propsData に詳しくなる

  • テストの実践的なリファクタリングが学べる

弊社では、テストのリファクタリングは factory関数 というものを作成して行っているので、興味あるかたはぜひ使ってみてください。


propsDataの基本的な使い方

propsData は基本的に mountshallowMount とともに使うことができ、 propsData は親コンポーネントから props として渡されたものとしてテストで使用できます。

第二引数のオブジェクトの中に書くことができますが、基本的な書き方は次の通りです。

const wrapper = shallowMount(Foo, {

propsData: {
foo: 'bar'
}
})


コンポーネントの作成とテスト


SubmitButton.vue

2つの props を持つ簡単なコンポーネントを作成する。

<template>

<div>
<span v-if="isAdmin">管理者権限を実行する</span>
<span v-else>権限がありません</span>
<button>
{{ msg }}
</button>
</div>
</template>

<script>
export default {
name: "SubmitButton",

props: {
msg: {
type: String,
required: true
},
isAdmin: {
type: Boolean,
default: false
}
}
}
</script>


最初のテスト

権限がない状態でのメッセージを検証していく。

import { shallowMount } from '@vue/test-utils'

import SubmitButton from '@/components/SubmitButton.vue'

describe('SubmitButton.vue', () => {
it('権限がない状態のメッセージを表示する', () => {
const msg = "送信する"
const wrapper = shallowMount(SubmitButton,{
propsData: {
msg: msg
}
})

console.log(wrapper.html())

expect(wrapper.find("span").text()).toBe("権限がありません")
expect(wrapper.find("button").text()).toBe("送信する")
})
})

テスト結果

PASS  tests/unit/SubmitButton.spec.js

SubmitButton.vue
✓ 権限がない状態のメッセージを表示する (15ms)

console.logの出力結果

<div>

<span>権限がありません</span>
<button>
送信する
</button>
</div>

props で渡された msg がきちんと描画されていることがわかります。


2つ目のテスト

権限がある状態 ( isAdmin が true ) でのメッセージを検証していく。

SubmitButton.spec.js

import { shallowMount } from '@vue/test-utils'

import SubmitButton from '@/components/SubmitButton.vue'

describe('SubmitButton.vue', () => {
it('権限がある状態のメッセージを表示する', () => {
const msg = "送信する"
const isAdmin = true
const wrapper = shallowMount(SubmitButton,{
propsData: {
msg,
isAdmin
}
})

expect(wrapper.find("span").text()).toBe("管理者権限を実行する")
expect(wrapper.find("button").text()).toBe("送信する")
})
})

テスト結果

PASS  tests/unit/SubmitButton.spec.js

SubmitButton.vue
✓ 権限がある状態のメッセージを表示する (4ms)

console.logの出力結果

<div>

<span>管理者権限を実行する</span>
<button>
送信する
</button>
</div>

props で渡された isAdmin によって <span> の中がきちんと描画されていることがわかります。


テストのリファクタリング

Don't repeat yourself の原則に従って従ってテストをリファクタリングしていきましょう。テストがPassしているのでリファクタリングも怖くありません。


factory関数

テストの度に shallowMount を呼び出し同じような propsData を渡しているので、factory関数でリファクタリングしたいと思います。

const msg = "送信する"

const factory = (propsData) => {
return shallowMount(SubmitButton, {
propsData: {
msg,
...propsData
}
})
}

呼び出すたびに shallowMount で wrap してくれる factory 関数ができました。これを使ってテストをDRYにしていきましょう。

  describe("管理者あり", ()=> {

it("メッセージを表示する", () => {
const wrapper = factory()

expect(wrapper.find("span").text()).toBe("権限がありません")
expect(wrapper.find("button").text()).toBe("送信する")
})
})

describe("管理者なし", ()=> {
it("メッセージを表示する", () => {
const wrapper = factory({isAdmin: true})

expect(wrapper.find("span").text()).toBe("管理者権限を実行する")
expect(wrapper.find("button").text()).toBe("送信する")
})
})

さてテストを見ていきたいと思います。まだテストはGreenでPASSしています。

PASS  tests/unit/SubmitButton.spec.js

SubmitButton.vue
リファクタリング
管理者あり
✓ メッセージを表示する (5ms)
管理者なし
✓ メッセージを表示する (2ms)

テストがあることで、変更やリファクタリングが怖くなくなりました。


まとめ



  • propsData はコンポーネントをマウントするときに引数として渡し、 props として利用できる

  • factory関数を定義することでテストがDRYにかける


  • propsData を使わずに setProps を使えばプロパティを強制的に更新することもできる