Help us understand the problem. What is going on with this article?

イノベーション仮説のMVPを作ったらクソゲ―になった!

More than 1 year has passed since last update.

学びがあったから大丈夫!まだ一度もピボットしていないから余裕!(挨拶)

あらすじ

すげー電車激込み状況でも平然とゲームやってる人居ますよね。そっと手を伸ばして電源ボタンポチーしてしまいたいけど、輩に逆ギレされるより

ゲーム中断→課金モチベーションが下がる→機会損失が発生→ゲーム会社が儲からない→クラウドが売れない→ICT業界が停滞→リストラ!

という、いけないなんちゃら先生ロジックが恐ろしいのでできん!!笑

なので、逆説的に仮説を立ててみました。

満員電車でもゲームをやりたい→ならゲームを楽しむ意欲は強いはず→ならよりゲームを楽しむためには我慢ができる→であればゲームを我慢する事でゲームをより楽しむ仕組みがあれば良い

?????

何言ってんだかさっぱ。

されどこの仮説ロジックをコード化すると

「満員電車に詰め込まれている人のBLEデバイス数をゲーム内の成長経験値に換算すれば良いのでは?」

アンド

「あとBLEデバイスのMACアドレスから昔流行ったバーコードバトラーみたく敵を生成すればより我慢するメリットもあるかも!!」

と思った。

ので即MVP作成。

cordovaで作ってみた

コードはこれ

BLEbattler

Android用のパッケージもあります。

素材は以下のサイトのGIF動画を使用させていただきました。

カツのGIFアニメ

じゃんけんに見せかけた確率ガチャ、つまり殆どただの運ゲーになった!すごい!!イノベーション仮説が破壊されるイノベーション!笑

0.png

まずは敵を探すにしてBLEスキャンをオンにして電車に乗り込みましょう!デバイス名とMACが溜まっていくので満員電車から解放された後などに戦いを開始しましょう。

1.png

敵キャラが一覧で出ます。強さはレート化されているので自分のレートと比べて強すぎないのを選びましょう。
各キャラにグー、チョキ、パーの攻撃力と耐性があります。
戦闘画面の耐性がマスクされているので探り探り有効な攻撃を見つけて戦ってください。
あと回数制限がありますが魔法が使えます。体力回復などあります。

2.png

何対か倒すとボスが出現します。ボスを攻略するとごっそり経験値がもらえます。
経験値が溜まってレベルアップしたら自分を強化できます。

3.png

余談 一週間で経験値が1000とか溜まるような人は壮絶な通勤に耐えてますのでみかけたら一緒に泣きましょう。。自分か!

学びは?

仮説ロジックのコード化以外の実装点が多いゲームはMVPに向いていないという事!あたりまえだ!!笑
あと20年ぶりくらいにゲームロジックを考えたけど、本職ゲーム業界でもないおじさんが魔法とか考えるの凄く凄く辛いです。この歳から黒歴史作ってる感がヤバい。

てか、スマホの操作自体をキャプチャして操作が少なく、BLE密度が高かったら報酬として仮想通貨のトークンを払い出すようなどんなスマホ使用状況であっても汎用的なのが相応しかった。。
でも仮説ロジック自体は正しいと思うのでどっかのゲーム会社実装してくんないかなー。スマホながら自転車凸防止したいですし。

おまけ

バズった割にあんまキてない技術の一つとしてiBeaconがありますが、その理由の一つにBluetooth使ってないのにバッテリー勿体ないからオフってる人が多いからというのがありましたが、この実験から見るに2019年現在ではバッテリーの大容量化によってデフォでオンな人が多いと思いました。退勤時に50~70は拾えた。

てか、MACとデバイス名で毎日同じ車両にいる、おっちゃんとか丸見えなんで逆にセキュリティ的にヤバいような気がする。会社で毎日同じ時間にトイレ籠ってる人とか調べられてしまう。
これはこれで良いのだろうか・・複雑だな。

ykato
業務でコード書くのが叶わず、ど下手のままだけど、コード書きまくっていつか、みんなに喜ばれるようなツールを作りたい! 投稿内容の全ては個人の見解に基づくものであり、所属する組織の公式見解と正確な現在状況の調査結果を広報しているものではありません
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away