Help us understand the problem. What is going on with this article?

RustでLLVMするためのcrate、Inkwellを触ってみた

More than 1 year has passed since last update.

RustでLLVMを使った言語処理系を作りたかったので、とりあえずInkwellを動かすところまでやりました。

Inkwellはllvm-sys.rsのラッパーで、"淡々とunsafeな関数をラップしてsafeな関数にしていくという面倒な作業がなくなるというのは大変ありがたいです"とのことです。良さげですね。

Cargo.toml

以下を追加します。LLVMの最新版は3月にリリースされたLLVM 8ですが、まだ対応ブランチがないので、LLVM 7を使うことにします。

Cargo.toml
[dependencies]
inkwell = { git = "https://github.com/TheDan64/inkwell", branch = "llvm7-0" }

LLVM 7を入れる

これだけだと、cargo buildしてもLLVMがないというエラーになりました。ということで brew install llvm@7 でLLVM 7.0.1を入れます。 (llvmenvも試したけどコンパイルできなかった)

インストール後、inkwell(というかllvm-sysかな)が見つけられるようパスを通してやる必要があります。

export PATH="/usr/local/opt/llvm@7/bin:$PATH"

サンプル

これで、READMEにあるサンプルがcargo runできるようになりました。

$ cargo run
   Compiling shiika v0.0.1 (/Users/yhara/Dropbox/proj/shiika)
warning: unused imports: `InitializationConfig`, `Target`
  --> src/main.rs:95:24
   |
95 | use inkwell::targets::{InitializationConfig, Target};
   |                        ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^  ^^^^^^
   |
   = note: #[warn(unused_imports)] on by default

    Finished dev [unoptimized + debuginfo] target(s) in 1.85s
     Running `target/debug/shiika`
1 + 2 + 3 = 6

このサンプルではメモリ上でLLVM IRを作ってそれを実行するところまでやっていますが、やりたいのは実行ファイルの生成なので、そのやり方もまた調べてみたいと思います。

nacl
私たちは、夢を実現させる技術者集団(オープンソースカンパニー)です。
https://www.netlab.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした