Linux
centos7
torque

CentOS 7でTorqueのセットアップ

CentOS 7にTorqueをセットアップする際のメモ

計算サーバは1台でヘッドノード兼用とする。

主に
http://www.fiatlux.co.jp/faq/build/html/MFmyPresto_Other_Torque.html
の方法でOK。

ホスト名からIPアドレスが引けないと問題になるので、予め設定しておいたほうが良い。
IPアドレス: 192.168.0.10
ホスト名: HostA
の場合、/etc/hostsに

192.168.0.10 HostA

を追加する。

# yum install -y epel-release
# yum install -y torque-client torque-mom torque-server torque-scheduler

# create-munge-key

# pbs_server -t create -f -D &
# pbs_server_pid=$!

# kill $pbs_server_pid

# echo "$HOSTNAME np=$(nproc) num_node_boards=1 numa_board_str=$(nproc)" > /var/lib/torque/server_priv/nodes
# echo "HostA" > /etc/torque/server_name

/var/lib/torque/mom_priv/configが

$pbsserver localhost

になっていたので、

$pbsserver HostA

に変更。

# systemctl start munge
# systemctl start trqauthd
# systemctl start pbs_server
# systemctl start pbs_sched
# systemctl start pbs_mom
# systemctl enable munge trqauthd pbs_server pbs_sched pbs_mom

下記コマンドでキューL0を設定する。
キュー名は別の名前でも良い。

# qmgr -c "create queue L0 queue_type=execution"
# qmgr -c "set queue L0 started=true"
# qmgr -c "set queue L0 enabled=true"
# qmgr -c "set queue L0 resources_default.nodes=1"
# qmgr -c "set queue L0 resources_default.walltime=3600"
# qmgr -c "set server default_queue=L0"
# qmgr -c "set server scheduling=true"

# qmgr -c 'p s'

で設定内容を確認する。

# pbsnodes -a

state = free

になっていることを確認。