Posted at

ESP32の初歩的一歩

More than 1 year has passed since last update.

秋月電子通商でESP32-DevKitCを買ってきたのでアレヤコレヤしてみた。今回はLチカまで。


そもそもESP32って?

中国のEspressif Systems (Shanghai) Pte. Ltd.が開発したSoC(System-on-a-Chip)。製造はTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)の40nmプロセス。

雑に言えばWi-FiとBluetoothの使えるArduino。 雑すぎる

今回の記事を読むにはその程度の理解で構わない。


ESP32-DevKitCって?

ESP32モジュール基板の一つ「ESP-WROOM-32」を搭載した、Espressif謹製の開発ボードの一つ。

私が買ったものにはESP32-D0WDQ6が載ってました(詳しくはwikiで見て)。


どこで買えるの?

購入はこちらから。

ESP32-DevKitC ESP-WROOM-32開発ボード

ESP-WROOM-32の単体もあり〼。

ESP-WROOM-32

ESP-WROOM-32 (10個入)


ソフトウェア導入

Arduino core for ESP32 - GitHub

ここに全てが載ってる。英語を読むのが億劫でなければ読むことをお勧めする。


Arduino IDEを使う場合



  1. ~/Arduino/hardware/espressif/ディレクトリを作る

  2. その中にhttps://github.com/espressif/arduino-esp32.gitesp32としてgit cloneする、もしくはzipを落としてきて解凍する


  3. ~/Arduino/hardware/espressif/esp32/toolsの中に入ってるget.pyかget.exeを実行

…文章で書くよりコマンド見た方が早いネ。


Macの場合

mkdir -p ~/Documents/Arduino/hardware/espressif && \

cd ~/Documents/Arduino/hardware/espressif && \
git clone https://github.com/espressif/arduino-esp32.git esp32 && \
cd esp32/tools/ && \
python get.py

Macは先に色々入っててコマンド打つだけでいいから楽ネー。コマンド全行コピペすればいいと思うよ。


Debian系Linuxの場合

sudo usermod -a -G dialout $USER && \

sudo apt-get install git && \ #Gitを既に使ってる人は飛ばす
wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py && \
sudo python get-pip.py && \ #pipが既に入ってる人は飛ばす
sudo pip install pyserial && \ #pyserialが既に入ってる人は飛ばす
mkdir -p ~/Arduino/hardware/espressif && \
cd ~/Arduino/hardware/espressif && \
git clone https://github.com/espressif/arduino-esp32.git esp32 && \
cd esp32/tools/ && \
python get.py

gitとpipとpyserialが必要。頭にusermodとかある以外はMacと変わらない。


Fedoraの場合

sudo usermod -a -G dialout $USER && \

sudo dnf install git python3-pip python3-pyserial && \
mkdir -p ~/Arduino/hardware/espressif && \
cd ~/Arduino/hardware/espressif && \
git clone https://github.com/espressif/arduino-esp32.git esp32 && \
cd esp32/tools/ && \
python get.py

gitとpipとpyserialが必要。Debian系Linuxと殆ど変わらないけど、パッケージ名が違うので注意。


Windowsの場合



  1. GitHubからzipをダウンロード(git cloneしても良い)


  2. C:/Users/[YOUR_USER_NAME]/Documents/Arduino/hardware/espressif/esp32に解凍する


  3. /tools/に入ってるget.exeを実行

これでソフトウェアはオッケー…ではない。ドライバを入れなければ。


ドライバ

Silicon LabsのUSB-UARTブリッジドライバが必要でした。以下からそれぞれのOSにあったものをインストールしてください。

CP210x USB - UART ブリッジ VCP ドライバ

これでUSB接続すれば認識するはずです。シリアルポートを/dev/cu.SLAB_USBtoUARTにし(Macの場合)、ボードはESP32 Dev Moduleにします。

Arduino IDE Menu


ハードウェア組み立て

今回はLチカまでしかやらないので、簡単に。

[ESP32のIO4] — +[LED]- — [抵抗] — [ESP32のGND]

IO5でも動くらしいです。スケッチ中のGPIO番号を変えてやる必要がありますが。

抵抗は1kΩを使いましたが、LEDに合わせて使ってください。


スケッチ

Lチカだけなので簡単。

void setup() {

pinMode(4, OUTPUT);
}

void loop() {
digitalWrite(4, HIGH);
delay(100);
digitalWrite(4, LOW);
delay(900);
}

これでLチカまでできました!


参考link