Help us understand the problem. What is going on with this article?

javascriptのミックスインについてまとめて見た

More than 1 year has passed since last update.

JavaScriptの多重継承、インターフェース?

何かしらのオブジェクト指向言語を触ったことがある方はご存知かもしれませんが、オブジェクト指向言語には「多重継承」と呼ばれる複数のスーパークラスを継承したサブクラスを作る機能を備えた言語が存在します。

では、クラスベースではないオブジェクトベースのオブジェクト指向言語であるJavaScriptはどうなっているでしょうか?

結論から言うとJavaScriptは単一継承しか出来ません。
しかし、多重継承やインターフェースのような役割に近い、ミックスインと呼ばれる機能が存在しています。

では、例を元に見ていきましょう

ミックスイン

class Human {
  constructor() {
  }
}

class Team {
}

function belong(m) {
  m.addMember = (p) => { this.member = p; }
  m.getMemberData = () => { return this.member; }
  m.isMember = () => { return !!this.member; }
}

belong(Human);

const member = new Human();
member.addMember(new Team()); //==> error

ここではクラスHumanとTeam,関数belongが定義してあります。
しかし、このコードはmember.addMemberの部分でエラーを引き起こしてしまいます。
belong(Human)の部分で私たち人間の感覚であれば、人間が所属するんだなと解るかもしれませんがJavaScriptはそう識別してくれないのです。

では、belongの部分を変えていきましょう

const member = new Human();
belong(member);
member.addMember(new Team());
console.log(member.isMember()); //==> true

このように個々のオブジェクト(member)に対して適用してあげればうまく動作するようになります。

しかし、このままでは毎回belongを呼び出さなければなりません。
これを解決してくれるテクニックが一つあります。

belong(Human.prototype);

const member = new Human();
member.addMember(new Team());
console.log(member.isMember()); // ==> true

こうすることによってbelongをクラスHumanの一部にすることが出来ます。
これがミックスインです。
これでうまく二つのクラスを保守できるようになるでしょう。

まとめ

  • JavaScriptは多重継承が出来ない。
  • JavaScriptにはミックスインと言う機能がある。
  • ミックスインの方法の例
shinonomeinc
東京理科大学発ベンチャー。提携大学内にソフトウェア研究所を組織し、学生向けのTech教育を提供しています。
http://shinonome.io
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした