Help us understand the problem. What is going on with this article?

「Rubyでデータサイエンス」に参加してきました🏃💨

More than 3 years have passed since last update.

下記のイベントに参加したので、ハイライトだけメモしておきます。とりあえず Jupyter Notebook が動けば自由に遊べるので、遊びたい人がいたらご参考にしてください ;)

DataScience.rb ワークショップ 〜ここまでできる Rubyでデータサイエンス〜
https://rubyassociation.doorkeeper.jp/events/59965

背景

データサイエンスにおけるRubyの現在の位置づけと可能性
http://www.s-itoc.jp/report/reaserch_results/439

準備

  1. Docker をインストールする
  2. docker pull で準備する

    $ docker pull rubydata/pycall
    
  3. mrkn/pycallをcloneする

    $ git clone git@github.com:mrkn/pycall.git
    
  4. PyCall の実行環境を立ち上げる

    $ cd path/to/pycall
    $ bundle install
    $ bundle exec rake docker:run
    
  5. http://localhost:8888/tree が立ち上がる

  6. ブラウザ上から local -> examples -> datasicence_rb_20170519.ipynb をクリックする

  7. PyCall で遊べるよッ...!!

成功時の画面

Jupyter Notebook の使い方

  • Kernel -> Restart & Clear Output で初期化
  • カーソルを合わせて、Shift + Enter でそのコードを実行
  • 内部はただのインタプリタ。実行時のコンテキストは引き継がれます

Enjoy PyCall...!! :sunglasses: :sparkles:

yasulab
YassLab (株) 代表取締役。(一社) CoderDojo Japan 代表理事。未踏ジュニア PM。RailsチュートリアルやRailsガイド、coderdojo.jp の運営・開発をしています。
https://yasslab.jp/ja
yasslab
RailsチュートリアルとRailsガイドを開発しています。解説動画や電子書籍、法人向け研修・協業プラン、全文検索・バージョン切替機能などを提供しています。
https://yasslab.jp/ja
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away