Help us understand the problem. What is going on with this article?

STS, SpringBootで手軽にWebアプリ開発。10分で。

タイトルのお手軽手順を紹介します。

要素

  • STS
  • Spring Boot
  • Thymeleaf

手順

STSインストール

こちらから STSの最新版をダウンロードし、インストール。
https://spring.io/tools

Starter Project 作成

Create new Spring Starter Project をクリックし、"Type" は "Gradle (Buildship 3.x) を指定して Next。

以下を選択。

  • AWS Core
  • AWS RDS
  • Spring Boot DevTools
    • Spring 開発環境を強化
  • Lombok
    • アノテーションで getter, setter 等を自動生成
  • Spring Configuration Processor
    • Spring 開発環境を強化
  • MyBatis Framework
    • ORM
  • MySQL Driver
  • Spring Security
    • 認証, 認可, CSRF対策, IP制限等のフレームワーク
  • Thymeleaf
    • 最もシェアのあるテンプレートエンジン
  • Spring Web
    • MVC

(今回使用しないものもあるが、いつも使っているものをチェックしている)

スクリーンショット 2019-12-23 5.42.05.png
Finish。

実装

コントローラを作成。
Package Explorer で、src/main/java の下の com.example.demo を右クリックして New>Classをクリックし、Nameは "TopController" で Finish。
スクリーンショット 2019-12-23 5.49.14.png

ビューを作成。
Package Explorer で、src/main/resources の下の templates を右クリックして New>Fileをクリックし、Nameは "top.html" で Finish。
スクリーンショット 2019-12-23 5.53.33.png

起動、表示確認

簡単のため、build.gradle を開き、今回使用せず、設定の必要な依存関係をコメントアウト。
スクリーンショット 2019-12-23 6.41.36.png
忘れずに プロジェクトを右クリックし、Reflesh Gradle Project し、起動。

スクリーンショット 2019-12-23 6.34.44.png

おわりに

近年、プログラミング言語も流行り廃りが起きていますが、Java は静的型付け言語であるためリファクタリングもしやすく、大規模開発向きで(初期開発から10年以上小規模メンテのみで現役のシステムなんてザラ)、Android向けにKotlinも登場したりと、世界中で未だに根強い人気を誇っています。

一方でなかなか Javaを使うことに踏み切れず、厳格・冗長故に苦手意識のある人も多いと思いますが、これについては Lombok の様なライブラリや、Spring Boot の様な FW を使って解決できる事が殆どです。

本記事では、Java 界のスタンダードと言ってもいい Spring Boot のシンプルな開発環境構築を簡単に紹介しました。この機会に触れてみるきっかけとなれば幸いです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした