Python

人生の日付をPythonが教えてくれたのだ。

はじめに

人生は有限なので、己が有意義に思うことで生きましょう。
皆そう言いますよね。

というわけで
- 何日生きたのか?
- あと何日生きるのか?
のスクリプトを書きました。
簡単です。

スクリプト

your_lifetime.py
# coding:utf-8

import datetime

birthday = datetime.date(1992, 2, 5) #自分の生年月日。お好みで変更下さい。
today = datetime.date.today()
finalday = datetime.date(2092, 2, 5) #人生百年の時代ですからね。
elapsed0 = finalday - today
elapsed1 = today - birthday
days0 = elapsed0.days
days1 = elapsed1.days
print("{0} 日で天に召されますよ".format(days0))
print("あなたは {0} 日生きましたよ".format(days1))

結果

/usr/bin/python /Users/Desktop/your_lifetime.py
26779 日で天に召されますよ
あなたは 9746 日生きましたよ

Process finished with exit code 0

結論

簡単ですが、考えさせられることが多いスクリプト。