Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
21
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 1 year has passed since last update.

@yasuaki0206

ある日突然cronの設定を行った

概要

サーバーのシャットダウンを忘れることがあるため、シャットダウンをするためのcronを設定してほしいとのことだった。:frowning2:
環境:centos 6.5

cronとは

指定時間や時間毎(1時間単位など)にプログラムを実行することができる。
crontabコマンドで設定する方法と /etc/cron.d/ 配下に設定ファイルを配置して設定する方法がある。
crontabで設定する場合、 crontab -e で設定を書いて、crontab -lで設定一覧を見ることができる。
crontab -r を使用するとすべての設定が削除される(タイプミスなどが怖い)ので、2番目のファイルに記載する方法のほうがよさげ。

crontabで設定する

1. helloを1分毎に出力する設定を書く

手始めに動作確認:point_up_tone2:
crontab -e を入力して編集モードにする。vimなどでファイルが開くので、設定を記載する

*/1 * * * * echo "hello" >> /home/vagrant/hello0101.txt

上記を保存して、cronを再起動すると/home/vagrantの配下のhello0101.txtに毎分書き込まれることが確認できる

2. 24時にシャットダウンする設定

ファイル権限は644とかに変更しておく。
/home/vagrant/shutdown.sh

shutdown.sh
#!/bin/bash
sudo shutdown -h now

crontab -e で下記を書き込む

00 * * * * /home/vagrant/shutdown.sh

cron を再起動する

/etc/cron.d/ 配下に設定ファイルを置いて実行する

1. 24時にシャットダウンする設定

ファイル権限は644とかに変更しておく。

実行ファイル
/home/vagrant/shutdown.sh

shutdown.sh
#!/bin/bash
sudo shutdown -h now

/etc/cron.d配下にcronの設定ファイルを配置する

名前は適当にいいっぽいので今回はshutdown
/etc/cron.d/shutdown ファイルをつくって下記を書き込む

SHELL=/bin/bash
MAILTO=""
00 * * * * root /home/vagrant/shutdown.sh

cronを再起動する

ログの確認

cat /var/log/cron

cron再起動

service crond restart

or

/etc/rc.d/init.d/crond restart 

or

/etc/init.d/cron restart

(debian?)

設定書式

crontabで設定

 分 時 日 月 曜日 コマンド

ファイルで設定

 分 時 日 月 曜日 ユーザー コマンド
21
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
21
Help us understand the problem. What is going on with this article?