Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
21
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@yarimo

素のJSでのスムーススクロール

More than 1 year has passed since last update.

どうしたいか

ページ内リンクをスムーズなアニメーションでスクロールさせたい。

条件

  • スムーズな動作であること
  • jQueryやライブラリは、不必要に用いないこと
  • なるだけシンプルに、汎用的な構造にすること

どうしたのか

window.scrollを用いて解決しました。
MDNから引用しますと下記の部分です。

スクロールの動作を変更する
スクロールの仕方を変えたいなら、options で指定してください

window.scroll({
top: 1000,
behavior: "smooth"
});

プロパティについて

プロパティ 説明
top 左上を基準とした、表示させたい文書の水平軸上のピクセル
left 左上を基準とした、表示させたい文書の垂直軸上のピクセル
behavior smooth、 instant、 auto のうちどれか一つを含む文字列。初期値は auto

※behaviorのinstantはautoと同動作で、一瞬で移動します。基本、smoothかautoかのどちらかを選択する形になるのかなと思います。

ページトップのボタンしかないし、定期的な改修もないよって場合なら、シンプルにこれだけで大丈夫。

index.js
// EventTargetには、対象となる要素の参照を入れください。
EventTarget.addEventListener('click', (e) => {
  e.preventDefault();
  window.scroll({
    top: 0,
    behavior: 'smooth'
  });
});

ただ、ちょっと汎用的とは言い難いので、私の場合は下記のようにしました。

index.js
// aタグ要素の参照を取得
const links = document.querySelectorAll('a[href^="#"]');

// 各aタグにクリックイベントを設定
for ( let i = 0; i < links.length; i++ ) {
  links[i].addEventListener('click', (e) => {
    // デフォルトのイベントをキャンセル
    e.preventDefault();

    // 対象(aタグ)のY軸の絶対座標を取得
    const elemY = links[i].getBoundingClientRect().top;
    // 現在のスクロール量を取得
    const scrollY = window.pageYOffset;
    // 対象までのスクロール量を算出
    const top = elemY - scrollY;

    window.scroll({
      top: top, // スクロール量の設定
      behavior: 'smooth' // スクロール動作の設定
    });
  });
}

最後に

このやり方を知るまでは、velocity.jsを使って、スムーススクロールを実装していました。
簡単なWEBサイトでもjQueryを入れて、前述のvelocity.jsを入れて・・・。ということをしていたので、かなり無駄なことをしていたなと思います。

ちなみにこのやり方は、今どきのスムーズスクロール(2019年版) - to-R Mediaでも解説されていました。さすが西畑先生です。

21
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
yarimo
作ったものやその過程の一部を発信しています。 アウトプット不足の解消と記憶の定着も兼ねてやっていこうと思っているのですが、何分、若輩者ですゆえ、至らぬ所がありましたら、ご指摘いただけますと幸いです。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
21
Help us understand the problem. What is going on with this article?