Git
AdventCalendar
GitDay 1

GitHubユーザーのためのhubコマンド

More than 1 year has passed since last update.

hubコマンド(defunkt/hub)を入れるとGitHubの操作あれこれをコマンドラインでできるようになる.


インストール&設定

インストールは https://github.com/defunkt/hub#installation の通り.

hub XXXgit XXXで使えるようにするために以下を.bashrcや.zshrcに書く


~/.XXXrc

function git(){hub "$@"} # zsh

eval "$(hub alias -s)" # bash

ちなみにプロンプトにブランチ名を表示している場合は,プロンプト表示速度の低下を避けるために以下の設定を忘れずに.

hubコマンドを利用&&プロンプトにgitのブランチ等を表示している人向けのzsh高速化 - Qiita


よく使うコマンド


hub browse [user/repo]

hub browseでいまいるレポジトリのgithubページを開く.hub browse defunkt/hubみたいにレポジトリ指定もできる.

browseは打ちにくすぎるので,seeにエイリアスしてる

$ git config --global alias.see browse


hub clone user/repo

git clone https://github.com/rails/rails.gitと同じことをhub clone rails/railsでできる.ちょっと便利.

gemのcloneならgem-browseコマンドを入れるともっと便利.

参考: gem の github のコードを簡単に clone する


hub pull-request

pull requestをコマンドラインから送ることができる.

ブランチをGitHubにpublishしたあとにhub pull-requestを実行するとエディタが立ち上がり,メッセージを入力するとpull requestが送られる.便利.


hub fork

clone後にローカルで開発してpull requestを送る準備ができたら,hub fork -> git push -> hub pull-request,という流れでコマンドラインのみで完結できる.


こちらも参考に


  • hub README

  • git help hub


  • hub --noop XXX



    • hub XXXによりどういうコマンド/処理が実行されるか表示する.実際に実行はしない.