Windows
BashOnUbuntuOnWindows
WSL

WSLのディストリビューションの切り替えに関するメモ

概要

WSLも良い感じに発展してきて、近頃はMicrosoft Storeに様々なディストリビューションが公開されている。

image.png

でも wsl.exe コマンドは1つなだけなわけで…
『一体どうやってディストリビューションを切り替えれば良いんだ!?』って思ったので、調べてみた。
そんなメモ。

wslconfig.exe を使いましょうって話

ググればすぐに出てきた。メモる程でもなかったかも。

wslconfig.exe /list でインストールされているディストリビューションがリストで出てきた。最高。
ちなみにLegacyってのはWSLを有効にして lxrun /install で入る子みたい。
「Storeのやつとおんなじでしょ?」とか思っていたけど、ちょっと挙動が違うかも。

> wslconfig.exe /list
Windows Subsystem for Linux ディストリビューション:
Legacy (既定)
Ubuntu

wslconfig.exe /setdefault ディストリビューション名 で変更も良い感じに。

> wslconfig.exe /setdefault Ubuntu
> wslconfig.exe /list
Windows Subsystem for Linux ディストリビューション:
Ubuntu (既定)
Legacy

なるほどね。

参考文献

他にも色々とまとまっているので良さげ。
https://laboradian.com/installation-and-setting-of-wsl/