Edited at

Ubuntu18_04でMT4と、DeepLearning環境を構築

今回は、近い将来に構築するであろう、Server環境について、実運用を兼ねて実験的にローカル環境で構築を行ってみる。


やりたいこと


  • ServerはVPSサーバをレンタル(を想定)

  • MT4を動かせる環境

  • OSはUbuntuを前提(ネットを見たらMT4も、DeepLearningの構築実績が多そうだったから)


VPSサーバの選定

過去に何度もやってきているが、時代は変わる、、、そんなこんなで2019年、改めてVPSサーバを調べてみた。

ちなみに、現在は、ABLENETのWin1と言うプランでMT4を1つ動かしている。

以前は、2つ契約をし、多いときはそれぞれ5枚ずつぐらい運用していたが、色々あって今の状態に。

月額1,600円(年払い用)だが、この費用も抑えたいので、「やりたいこと」に記載した条件となった。


いくつかあったが、費用面とスペックで下記に絞った


お名前.com VPS(https://www.onamae-server.com/vps/)

image.png


GMOクラウド(https://vps.gmocloud.com/)

image.png


WebAREA(https://web.arena.ne.jp/vps-cloud/)

image.png

これらのスペックと料金を調べたところ、2コア、4コアではGMOクラウドの月額が少ないことがわかったが、初期費用が、、、と言うのが気になった。

これらの他、https://www.gamehuntblog.com/entry/vps-compare-recommendation のサイトを参考に調べたが、とりあえず、現在の料金より安く、スペックアップを望む程度として、

お名前.com VPSの2コアのプランを前提に環境を構築してみる。


VMware

仮想環境と言えば、VMwareと昔は思っていたのだが、最近、VirtualBOXもちらほら見え隠れしている。が、VirtualBOXは32bitしかインストールできず(私が知らないだけだろうが)、コアも変更できそうなのに、変更できなかったので、使い慣れたVMwareにした。

しかし、インストール時に、例の問題が、、、

Hyper-Vの問題は、( https://soma-engineering.com/cloud/vmware-workstation/error-poweron-vm/2018/05/04/ )この辺のサイトを参考にさせていただき解除


Ubuntu


Let's Install

さて、まずはUbuntuのInstall。

UbuntuのDownloadは、( https://www.ubuntulinux.jp/download )からISOファイルをダウンロードして、VMwareからインストール


wine

次に、MT4を動かすためにwineなどをインストールする

まぁ、基本的にコピペですべてを済ませてきたので、今回もググって実施

( https://bitcoin-with.com/ubuntu_mt4_install/ )


  • ubuntuにsshをInstallして、ローカルのWindowsからVMwareに接続できるようにする

sudo apt install -y net-tools ssh

service ssh start


  • puttyなどを使って、sshでVMware上のUbuntuに接続

  • UbuntuにwineをInstall. 文字化け対策も一緒に施す.

sudo dpkg --add-architecture i386

sudo apt install -y wine-development winetricks
winetricks
' このあと、https://symfoware.blog.fc2.com/blog-entry-2228.htmlを参考に色々やってみた


  • 普段TitanFXを使っているので、VMware上でTitanFXのサイトからMT4をDownload.

  • VMwareのコマンドプロンプト上でwineと打ったあとに、DownloadしたexeファイルをD&D

とりあえず、これでUbuntuでMT4を動かすことができた!!


最後に

忘れちゃいけないのが、Ubuntuログイン時のMT4の自動起動。

Windowsと違って、OSのパッチに伴い再起動することは少ないと思うが、ログイン時に自動起動するように設定

(https://sicklylife.jp/ubuntu/1804/help/startup-applications.html)


追伸(2019/03/02)


実は本番サーバでの環境構築に手こずっていました(お名前.com VPS)

と言うことで、お名前.com VPSを月額契約し、そこでMT4を動かそうとしました。

上記の通り、一度、VMWareで構築しているので、同じIMAGEを使って、同じ手順でやれば、、、と思ったもののうまく行かず、日々が過ぎていました。

ただ、新たに構築のページを見つけ、無事、開通しました。

http://yallalabs.com/linux/how-to-install-wine-4-ubuntu-18-ubuntu-16/

こちらを手順通り実施して、wine4.0の環境が構築できました。

proxy問題も解消されていて、本当にハッピーでした。